« Louden up Now / !!! | トップページ | The Strokesのレコーディング方法 »

2004年7月 6日 (火曜日)

The Cure / The Cure

アルバムをリリースする毎に「これが本当にラストアルバム」と言いながらも新作を出し続けるThe Cureの約4年ぶりの新作。Robert Smith節が未だに健在というのも奇跡的ですが、若い頃を懐かしむような感じは一切なく、現在のシーンの中で必死に藻掻いている様子は尊敬に値します。

前作同様にオープニングから張りつめたテンションが続いた後の、スペイシーなギターとリラックスした曲調の"Before Three"でようやく一段落。ただ、この曲も随所に緊張感が感じられ、全盛時代の気の抜けたポップ感覚が感じられないのが個人的にはちょっぴり残念。

それでも、何度か繰り返して聴くうちに、最初に聴いたときのような「?」は消えつつあり、毒々しいアレンジの裏側に隠れたキュートなメロディを発見するたびに、思わずニヤリとしてしまいます。ひょっとしたら、この先聴き続けるとますますハマる可能性があるかも。

オフィシャルページ

|

« Louden up Now / !!! | トップページ | The Strokesのレコーディング方法 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/914336

この記事へのトラックバック一覧です: The Cure / The Cure:

« Louden up Now / !!! | トップページ | The Strokesのレコーディング方法 »