« Let's Bottle Bohemia / The Thrills | トップページ | Kasabian / Kasabian »

2004年9月26日 (日曜日)

Out of Nothing / Embrace

デビュー時に「Oasis?あれは良いバンドだったね」と言い放ち、ハイプか本物かの議論が絶えなかったことも今となっては懐かしいEmbraceの約3年ぶり4枚目のオリジナルアルバム。まず驚いたのはメンバーが円陣を組んだジャケットと個々のメンバーがぶっきらぼうな髭面で写っている内ジャケットの写真で、これまでになくハードな印象をアピール。

で、サウンドですが、何とこれまでと全く変わらない路線。基本もディテールもほぼ不変。もちろん、Embraceの強みは泣く子も黙る一撃必殺のメロディと嫌味を感じさせない壮大なアレンジですから、正攻法で勝負している訳ですが…

Chris Martinらが作詞作曲を手がけた"Gravitiy"はColdplayのデビューアルバム"Parachutes"に入っていそうな楽曲ですが、エッジ部分はキレイに仕上げられていて完璧なるEmbrace仕様。個々の曲はメロディもアレンジもモロに好みですが、やはり全体的な味付けは濃く、アルバム前半にも"Glorious Day"のAメロのような「音の薄さ」が少し欲しいところです。ただ、終盤の"Near Life"や"Out of Nothing"のColdplayを意識したような雰囲気は面白く、聴き終わったときの後味自体は意外とサッパリしています。これからの季節にピッタリの一枚。

オフィシャルページ

|

« Let's Bottle Bohemia / The Thrills | トップページ | Kasabian / Kasabian »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/1526306

この記事へのトラックバック一覧です: Out of Nothing / Embrace:

« Let's Bottle Bohemia / The Thrills | トップページ | Kasabian / Kasabian »