« 高校生から成長ストップ | トップページ | Man-Made / Teenage Fanclub »

2005年5月 8日 (日曜日)

Employment / Kaiser Chiefs

Employment「ブリットポップの残骸」と揶揄されるのも納得のBlurらの作品を手がけたStephen StreetHurricane #1らの作品を手がけたStephen Harrisをプロデューサ/エンジニアに迎えた1stアルバム。

Bloc Partyのライブに向かう電車の中で半分寝ながら聴いた第一印象は、「メロディのインパクトが小さいFranz Ferdinandあたりのコピーっぽい音」でしたが、ちゃんと聴いてみたら驚きはないものの、それなりに惹きつけるメロディを持っているし、パロディっぽさを残したポップ的な味付けも嫌いではありません。


ただ、不思議と結構聴く度に印象がコロコロ変わるので、冷静なレビューをするにはもう少し聴き込む時間が必要かな。まあ、この手のアナログシンセが前面に出た音は食傷気味になってきたので時間をかけるに連れて評価が下がる可能性はありますが…

オフィシャルページ

|

« 高校生から成長ストップ | トップページ | Man-Made / Teenage Fanclub »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/4039999

この記事へのトラックバック一覧です: Employment / Kaiser Chiefs:

« 高校生から成長ストップ | トップページ | Man-Made / Teenage Fanclub »