« With Teeth / Nine Inch Nails | トップページ | Elevator / Hot Hot Heat »

2005年5月14日 (土曜日)

In Motion / Copeland

InMotionディストーションをかけたノイジーなギターと珍しく前に出てきたドラムスによるリードトラック"No One Really Wins"のアグレッシブさには驚きましたが、その後は前作と同様に甘過ぎないメロディラインとドライな感情表現を組み合わせた心地良い世界を展開。

但し、ピアノやストリングス、管楽器などをフィーチャーした"Sleep"や"Kite"のようなクラシカルテイストの色が強い曲では温かみのある手作り感が非常に特徴的に響いてますが、ギターとドラムスが加わったロック的フォーマット準拠の曲は美しい反面どれも似たり寄ったりの印象を残してしまい、ツルリとした曲が多いこともあって耳の中に滞留する時間が短いのが弱点。

その一方で、こういった音を組み立てるバンドはなかなか「独自のスタイル」を主張しづらいですが、基本部分はシッカリしているだけに、シーンが急速に変化しても楽々対応できるスキルを併せ持っていそうなのも確かで、もう少し遊び的要素を取り入れると一気に世界が広がる気もします。

オフィシャルページ

|

« With Teeth / Nine Inch Nails | トップページ | Elevator / Hot Hot Heat »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/4125733

この記事へのトラックバック一覧です: In Motion / Copeland:

« With Teeth / Nine Inch Nails | トップページ | Elevator / Hot Hot Heat »