« Man-Made / Teenage Fanclub | トップページ | In Motion / Copeland »

2005年5月11日 (水曜日)

With Teeth / Nine Inch Nails

WithTeeth6年前の"The Fragile"は一つ一つの曲に詰め込まれたエネルギーが大き過ぎ、かつ曲の量も半端じゃないのでいつも最後まで聴く前に息苦しさでリタイヤ。そんな少々苦手なタイプの音楽という記憶があったので、新作も買おうかどうか悩んでいたのですが、「前作よりポップになった」という噂に背中を押されて購入。

というか、これって「ポップ」?確かに、中盤以降は多少抜き気味の曲もありますが、それでも他に類を見ない存在感の絶対値の大きさは、仕事をしながら聴いていると思考を完全に停めてしまう程の強烈さを持っていて、とても「ポップ」とは言えません。

特に、リードトラックの"All The Love in The World"の控え目な音の隙間で鳴らされる無音に窒息しそうになった後の、ジワジワと音の濃度を増やしていく流れは最高で、次の"You Know Who You Are?"のイントロでもうクラクラ。その他の曲もこれまでの苦手意識はどこへやらと言うほど身体が反応。ということは、やっぱり「ポップ」なのか?

オフィシャルページ

|

« Man-Made / Teenage Fanclub | トップページ | In Motion / Copeland »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/4086297

この記事へのトラックバック一覧です: With Teeth / Nine Inch Nails:

« Man-Made / Teenage Fanclub | トップページ | In Motion / Copeland »