« The Future Embrace / Billy Corgan | トップページ | 2005年上半期ベスト5アルバム »

2005年6月26日 (日曜日)

今さらミュージカルバトン

yamamoさんちづさんの二人からご指名があったので(?)、あんまり面白い内容じゃないですが書いてみます。

1) Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

iPodが40GBしかないので最近ちょこちょこ整理していて、iTunes用にAACでエンコードしたものとして35.9GB(9457曲)でした。ザッと言って、全アルバムの半分くらいが入ってる感じです。

これとは別に、Mercora用にMP3でエンコードしたものとして、10.1GB(5715曲)入ってます。両方で被っているものもあれば、片方にしか入ってないものもあります。

2) Song playing right now (今聞いている曲)

この文章を書いているときが「今」ということなら、The Ordinary Boysの"Weekend Revolution"です。この文章を読んでいるときが「今」ということなら、音ログの僕のページを見て下さい。また、Last.FMの僕のページでは聴いている音楽の統計が分かります。

3) The last CD I bought (最後に買ったCD)

最後に注文したのは下の三枚です。

・The Future Embrace / Billy Corgan
・Brassbound / The Ordinary Boys
・There's A Fire / Longwave

その中で最後に届いたのはThe Ordinary Boysの"Brassbound"です。次に買うのはSuper Furry Animalsの"Love Craft"になりそうです。

4) Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

とても5曲で収まりませんが、無理矢理選んでみました。

・Don't Go / Yazoo (from "Upstairs at Eric's")

音楽の袋小路に迷い込むキッカケとなった曲です。それまでは、The Beatlesに始まり、Duran DuranやらCulture Clubなんかを聴いていたんですが、この曲の冷たいシンセサイザーのイントロに衝撃を受けました。中学2年のときに友達の佐藤君のお兄さんに勧められたもので、他にも色々教えてもらいました。

・All I Need Is Everything / Aztec Camera (from "Knife")

初めて買った輸入盤"Knife"に入っていて、当時結構ヒットしていた曲です。まだ、アナログレコード全盛の時代で、ジャケットからレコードを取り出したときに、国内盤とは違った「臭い」がしたのを思い出します。買ったのは、梅田にあった「リバーサイド」というレコードショップで、高校時代は週1で通っていたので、そのうち店長さんに顔を覚えてもらって、「好きそうなレコード入ったよ〜」って薦めてもらったりもするようになりました。

・Through The Barricades / Spandau Barret (from "Through The Barricades")

大学入試直前の高校3年の12月に入院をして、そのときに病室で良く聴いていた曲です。当時はさすがに落ち込んでいたんですが、美しいメロディと力強い展開のこの曲を聴くことで力づけられました。看護学校の実習で来ていたお姉さんに病室で髪を洗ってもらったり、色んな話をしてたときに一番流れていたのもこの曲だったと思います。

・幸せのカテゴリー / Mr. Children (from "Bolero")

20代の後半に、この歌詞と似たような状況になったことがあって、当時はずっとこの曲を聴いてました。後は、同じミスチルの"Over"も自分の境遇と重ねて聴いていたりもしていて、高校生のような毎日を送っていました(笑)。しばらく忘れがちだった「歌詞の持つ意味」を再認識させてくれた曲です。

・Driftwood / Travis (from "The Man Who")

この曲が入っているアルバム"The Man Who"は本当に良く聴きましたし、今でも大好きなアルバムです。全曲大好きですが、一曲選べと言われればこの曲です。キツイ毎日に落ち込んでいたときに、目の前を少しだけ照らしてくれた曲で、心斎橋のクラブクアトロで見たライブもホンノリと温かくて、ありきたりな言葉ですが「癒され」ました。

5) Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

ネット上での知り合いが少ないので5人は無理です。ごめんなさい。ひとまず、1人の方にお願いしてみます。リンク張って欲しくないかも知れないので、確認してからやって貰えそうなら、ココに追加します。

|

« The Future Embrace / Billy Corgan | トップページ | 2005年上半期ベスト5アルバム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Ryokoさん、こんばんは~

ミュージカルバトン、ダラダラと昔のことを懐かしむオヤジ的文章になってしましました(笑)まあ、オヤジだから仕方ないか…

上に書いたCD、こっそりと探しに行かずに、堂々と探しに行って下さいね。あ、でも、YazooとかSpandau Brretはコッソリ行った方が良いかも♪

投稿: Jun | 2005年6月28日 (火曜日) 午後 10時19分

さすがですねー。今まで読んだミュージカルバトンの中で一番面白かったですよ!Junさんが良いという音楽は間違いなくいいと思えるので、上記の中にあった知らない曲は、こっそりCD屋に探しに行こうと思いました。。♪

投稿: Ryoko | 2005年6月27日 (月曜日) 午後 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/4712708

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらミュージカルバトン:

« The Future Embrace / Billy Corgan | トップページ | 2005年上半期ベスト5アルバム »