« コマーシャルソング | トップページ | 写真 »

2005年11月27日 (日曜日)

electraglide 2005

昨日の夜から今朝にかけて大阪のATCホールで行われたelectraglide 2005に行ってきました。最初は張り切ってライブレポートを書こうと思ったんですが、Coldcutの最後数曲と、Underworldの前半と後半、Vitalicの頭数曲以降しか見ていないので、軽く感想だけを書いてみます。

Coldcut

女性ボーカルがフィーチャーされた曲とJohn Spencerをスペシャルゲストに迎えたラスト2曲だけしか聴いていませんが、普段はロックを中心に聴いている僕でも聴きやすかったです。もう少し長い時間見るべきだったかもと思いました。

Underworld

ここ何回かのパフォーマンスを見て、「"Born Slippy"くらいは大丈夫だろ」という程度の期待しか持たずに見たのですが、これが大間違い。Darren Priceが参加したことで、繋ぐべき所は繋ぎ、切るべき所は切って、全体的にメリハリがついていました。比較的早い時間に"Born Slippy"を持ってきたのも彼らの自信の表れでしょう。途中、激しい眠気に襲われたためフロア後方に移動して座っていたらいつの間にか眠っていたのですが、"King of Snake"〜"Two Months Off"〜"Moaner"で完全に目が覚めて、踊りまくりました。"Two Months Off"のアレンジが格好良かったです。

Vitalic


フロア外で居眠りしていたため、15分ほど遅刻。基本的には終始アゲアゲのシンプルな音の洪水ですが、これがフロアを介して足下から内臓を突き上げるようなエネルギーを持っていて、寝起き状態にもかかわらず身体が勝手に動きました。スクリーンに映される映像もスピード感とユーモアに溢れていて、新幹線の車内から撮影した映像や南港付近の様子を撮影した映像とVitalicのプレイの様子をオーバーラップさせた映像は音との相性が良く、互いに正帰還をかけながらテンションを発振させていました。

イベント全体への感想としては、ゴミが多過ぎ。床の上に食べ残しの食器や紙コップ、ペットボトルが散乱していて唖然。それから、飲食スペースとライブスペースが近接しているせいもあり、動線が確保されずに人の多さと相まって常に渋滞してました。ブッキングと実際のアクト以外のプランとオペレーションのレベルは平均以下。但し、1フロアの前後にステージを作って、アクト間をシームレスにするというアイデアは巧く機能していました。

|

« コマーシャルソング | トップページ | 写真 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/7348907

この記事へのトラックバック一覧です: electraglide 2005:

« コマーシャルソング | トップページ | 写真 »