« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月24日 (月曜日)

Pet Shop Boysの新曲

久々の新曲"I'm with Stupid"がオフィシャルサイトでフル試聴できます。彼らが得意とする影のあるメロディにTrevor Hornの前時代的なハデハデアレンジは80年代サウンド好きにはたまらなです。ただ、ちょっとメロディが弱いかな。

あと、日本盤はCD-EXTRAでのリリースになったようです。これで、わざわざイギリスから取り寄せなくてもすみます。注文するときは、Shackの新譜も一緒にいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土曜日)

血が騒ぐ

個人的なオールタイムヒーローDepeche Modeが50枚の公式ライブアルバムをリリースするようです。

オフィシャルサイトによれば、

Depeche Modeは現在のワールドツアーをレコーディングし、限定版CDとデジタルレコーディングするというLive Here Nowとのエキサイティングなコラボレーションを発表できて光栄だ。


それぞれのコンサートが録音、ミキシングされ、伝説的なDepeche Modeのライブ体験のエネルギーと雰囲気を完全に取り込んだ高品質のものとしてファンに届けられるだろう。

とあります。

単独で日本に来る確率はほぼゼロに近いし、今年の夏フェスにも来そうにないから、イギリスまで見に行く根性がない僕としてはしばらくはこれを聴いて過ごすしかなさそうです。しかし、相変わらず欧米での人気はもの凄いな。

ちなみに、ココで既に予約受付を開始しています。CD版は2枚組でAnton Corbijnの写真がついて38$、ダウンロード版は20$です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金曜日)

は?

なんなんだ、このニュースは?

今日の昼休みに保護観察処分を受けたっていうニュースを見てただけに、頭の中をクエッションマークがぐるぐる。音楽的天才肌であることは認めますが、精神的にあまりに脆すぎますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火曜日)

購買欲↑

今日は先日注文していたMystery JetsThe KooksGuillemotsがアマゾンとHMVから届いてました。てっきり、The ZutonsThe Charlatansと思ったのに、これは明日届くようです。久々にハイペースで新譜(旧譜も混ざってるけど)を買ってるので、またまたレビューがたまりそうです。ゴールデンウイークには何とかします(希望)。

オマケに、先週末大丸で見たこのカバンとかこのスニーカーも欲しいなあ。

スイカみたなカタチしたカバン、見た瞬間に買いそうになりましたが、値段を見て思いとどまりました。靴の方も財布に手がかかりましたが踏ん張りました。

でも、次に見に行って、売れてなければ両方とも買ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月曜日)

ワーカホリック?

ここのところ働きづめのNew Orderがライブアルバムをリリースするようです。仮タイトルは"New York / Hyde Park"で、ニューヨークのHammerstein BallroomとロンドンのHyde Parkのライヴが収められる模様で、イギリスで6月12日にリリース予定とのことです。

彼らは現在、Joy DivisionIan Curtisの伝記映画"Control"用に新曲とJoy Divisionの曲を再レコーディングしているようです。

Peter Hookは元The SmithsAndy RourkePrimal ScreamManiの3人のベースプレイヤーとFreebaseを結成するし(?)、DJイベントで来日するし、ホント精力的に活動してますね。

もちろん、早くも新曲を聴けるのは楽しみなんですが不気味です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日曜日)

フジロック第4弾出演アーティスト発表

Fujirockers.orgで以下のアーティストの出演が発表になっています。

  1. The Cribs
  2. Fields
  3. Jet
  4. Ken Yokoyama
  5. 菊地成孔
  6. The Marco Benevento
  7. MO’SOME TONEBENDER
  8. NATSUMEN
  9. 小野リサ
  10. Snow Patrol
  11. Sonic Youth
  12. Tristan Prettyman
  13. 矢野顕子
  14. The Zutons

またまた微妙な…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ってました!

2003年に素晴らしいアルバム"Lovers"をリリースしたThe Sleepy Jacksonが7月に3年ぶりの新譜を引っ提げて戻ってきます。タイトルは"Personality"で、アルバムリリース前に"God Lead Your Soul"というシングルをリリースするようです。

ツアーの日程も近々発表らしいので、フジかサマソニに来てくれないかなあ。

トラックリストは以下です。

  1. You Needed More
  2. Devil Was In My Yard
  3. God Lead Your Soul
  4. Work Alone
  5. God Knows
  6. I Understand What You Want But I Just Don't Agree
  7. Miles Away
  8. Higher Than Hell
  9. Play A Little Bit For Love
  10. Don't Say
  11. You Won't Bring People Down In My Town
  12. Dream On
  13. How Was I Supposed To Know

原文はこちら

なかなかインパクトのある顔だな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FolderShare

FolderShareというサービスが面白いです。ひとことで言えば、「異なるコンピュータでフォルダの中身を同期させる」もので、会社のパソコンと家のパソコンのフォルダを同期させたり、自分のパソコンと友達のパソコンのフォルダを同期させたりできます。

例えば、デジカメの写真を友達に送る場合、これまでは何通もメールを出して送るか、オンラインストレージを使うかでしたが、FolderShareを使うとソフトをインストールすれば、共有したフォルダにファイルを置くだけで無意識の内に共有できます。

ファイルを共有する準備は、

  1. ココからソフトをダウンロードする(Windows用とMac用の両方あり)。
  2. インストール後、ソフトを起動し、ニックネーム、パスワード、メールアドレスを登録する。

だけです。

で、既に友達から共有を誘われている場合には、登録後に表示されるメインページに招待されていることが表示されるので、

  1. (Add)と書いている部分をクリックする
  2. 「Specify a folder」から共有に使いたいフォルダを選択または作成する

とやれば、招待側のフォルダの中身と招待された側の共有に使いたいフォルダの中身が自動的に同期します。

ファイルが追加された場合も自動的に同期されますが、P2Pでファイル転送を行うため、同期する時に両方のパソコンが起動している必要があります。ただ、レジューム機能があるので、途中で相手のパソコンの電源がオフになっても、次にオンになったときに自動で続きを実行してくれるようです。

もう少し詳しい図入りの説明がココにあります。

一応マイクロソフトのサーバを介していて、共有相手も限定できますが、セキュリティ上は共有するフォルダは限られたものにし、ドライブ全体を共有するようなことはやめた方が良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土曜日)

気持ちは分かる

Thisnewday_1ドイツで行われるサッカーワールドカップのイングランドチームのオフィシャルソングがEmbraceの"World At Your Feet"に決まったようです。

これを受けて、マンチェスターの酔っ払いPeter Hookさん(50)は

「ふざけんじゃねぇ。お涙頂戴のバラードで戦うってのか、ボケが。Arctic Monkeysにするか“World in Motion”をリイシューしときゃいいんだよ、アホンダラ」

とビールを飲みながら言ったとか言わないとか…あ、嘘です。本当はこう言ってるようです。

確かに、Embraceは新作でもバラードは絶品だけど、アップテンポの曲はイマイチだったから、酔っ払いの言うことも分かる気はします。もちろん、出来上がりを聴いてみないと分かりませんけど。

ちなみに、"World in Motion"はNew Orderが手がけた1990年のワールドカップのイングランドチームのオフィシャルソングで、シングルチャートNo.1にもなっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

サマソニ日割り発表

サマソニの日割りがオフィシャルページで発表されています。

ステージについては詳細は書いていませんが、こっそりと、

屋内ステージはダフト・パンク、マッシヴ・アタック、トゥール、ザ・フレーミング・リップスら、アルバムリリース組がトリを飾りそうです。UKからは本国でも絶好調のアークティック・モンキーズ、ザ・クークスに、世界進出を狙うキーン。大御所ザ・シャーラタンズに、謎の65デイズオヴスタティックは、どのステージに現れるのか!

という記述もあります。

あと、ココには

大阪会場は来年、別の会場へと大きく移転。

という記述があります。大きな音を出せない南港でやるのは今年が最後になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月曜日)

フジロックグリーンステージトリ考察

今年のフジロックはグリーンステージ(メインステージ)のトリが弱いという声が上がってます。今のところ、1日目がFranz Ferdinand、2日目がRed Hot Chilli Peppers、3日目が未定のようで、確かにFranz Ferdinandは2月に来日しているし、レッチリはまたかという感じは否めず、インパクトには欠けるように思います。

で、個人的にこれまでグリーンのトリをどれくらい見たかを調べてみたところ、

  1. 98年 2日間参加
    • 1日目:Bjork苦手で見ずに帰った
    • 2日目:Prodigy苦手で見ずに帰った
  2. 99年 3日間参加
    • 1日目:Underworld (ホワイトステージ)
    • 2日目:Blur (グリーンステージ)
    • 3日目:熱が出て車で寝てた
  3. 01年 2日間参加
    • 1日目:Oasis (グリーンステージ)
    • 2日目:New Order (ホワイトステージ)
  4. 02年 3日間参加
    • 1日目:Prodigy苦手で見ずに帰った
    • 2日目:The Chemical Brothersを途中まで見て帰った
    • 3日目:Spiritualized (ホワイトステージ)
  5. 03年 3日間参加
    • 1日目:Underworld (グリーンステージ)
    • 2日目:Bjork苦手で見ずに帰った
    • 3日目:Mogwai (ホワイトステージ)
  6. 05年 2日間参加
    • 2日目:Mercury Rev (レッドマーキー)
    • 3日目:New Order (グリーンステージ)

という結果で、15日間参加して、グリーンステージのトリは4日間しか見ていませんでした。と言うことで、グリーンのトリが多少しょぼくても我慢できそうです。というか、半分近く見ずに帰ってるし…(笑)

つまり、体力がないくらい疲れているか、ホワイトステージに好みのバンドが出れば何とか耐えられるってことですね。となると、今年の面子はやっぱり厳しいのか!?

うーん、絶対に行きたいっていうモチベーションがなくなったから、どうしようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日曜日)

Summer Sonic'06第5弾出演アーティスト発表!

ThisnewdayBGMはEmbraceのニューアルバム"This New Day"。ジャケット写真はタイトルを考えると日の出の太陽に向かってるのかな?ジックリ聞き込めてませんが、前作の円熟路線を進んでいる雰囲気なので、生命線のメロディのクオリティが全てかな。

ただ、今はこういう優しいメロディは感情に押しつぶされそうになってキツイな。それでも、身近に音楽があって良かった。

サマソニ第5弾で、くるりKeaneDJ Shadow追加されました。ちょっとフジっぽいメンバーですね。ただ、こうやって全体の出演アーティストを眺めてみると、それなりのビッグネームが揃っていて、かつサマソニっぽさも残っていてバランスが取れていますね。

メインステージのヘッドライナーはMetallicaLinkin Parkで、セカンドステージはDaft PunkMassive Attackかな。それとも、この二つはトリ前でMuseThe Flaming Lipsがトリか?Toolも充分トリ張れそうだから、結構難しいよなあ。Arctic Monkeysはメインのトリ2つ前、The Charlatansはセカンドのトリ二つ前くらいか?

と言う訳で勝手に予想。それぞれ一番上がヘッドライナーです。

メインステージその1

  1. Metallica
  2. Muse
  3. Arctic Monkeys

メインステージその2

  1. Linkin Park
  2. 未発表のバンド
  3. くるり

セカンドステージその1

  1. The Flaming Lips
  2. Daft Punk
  3. Keane
セカンドステージその2
  1. Massive Attack
  2. Tool
  3. The Charlatans

うーん、全然違いそうだ。それに、これじゃソニックステージのラインアップが組み立てられないじゃんかよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »