« えっっっっっ! | トップページ | Riot City Blues / Primal Scream »

2006年6月10日 (土曜日)

Under The Iron Sea / Keane

Undertheironseaパンツインしたピチピチのシャツの腹回りがロックバンドらしからぬKeaneの約2年ぶりの2nd。前作同様にギターレスでレコーディングされたようですが、アグレッシブな曲も多く、1stにはなかったタイプの曲を積極的に取り込んでいます。

強めのエフェクトをかけたドラムとストリングスが壮大さを感じさせ、終盤の美しいコーラスでKeane節が炸裂する"Atlantic"、ピアノにエフェクトをかけてワウギターのように仕上げたイントロとホンキートンク気味のピアノが印象的な"Is It Any Wonder?"などの意欲的なサウンドも目立ちますが、シンプルの極みを感じさせる"Hamburg Song"や叙情的な部分を強調した"Try Again"などの美しさもさすが。

ピアノによるバラードバンド的な面影も残っていますが、全体としては表面的な美しさよりもサウンドのスケール感と深みに重心を置いた雰囲気。アルバムとしてのダイナミズムも充分で、ライブで得たものをサウンドに確実に昇華していて、巧い具合にプラスのスパイラルが回っているようです。

|

« えっっっっっ! | トップページ | Riot City Blues / Primal Scream »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/10465495

この記事へのトラックバック一覧です: Under The Iron Sea / Keane:

« えっっっっっ! | トップページ | Riot City Blues / Primal Scream »