« ホットペッパー | トップページ | 風邪が治りかける »

2006年7月 9日 (日曜日)

Semifinalists / Semifinalists

Semifinalists深いエフェクトに包まれたリードトラック"Origin Song"を聞いたときにはそのドリーミーさからMercury Revあたりに繋がるサウンドかと思いましたが、曲毎にクルクルと変わる表情はClap Your Hands Say Yeah!に近い手触り。

ハンドメイドのアクセサリーのようなチープな雰囲気から、突如ゴージャスになりながらも嫌味なくキュートにまとめた"Show The Way"、骨太のベースを中心に組み立てられたリズムをコアに据え、変拍子で曲のイメージをガラッと変える"The Chemicals That Wait"など序盤は家内制手工業的な楽曲が多め。

中盤以降はロック的アプローチな曲は増えますが、やはり大量生産的な曲は少なく、どこかに手作業の温もりと不揃い感が漂っています。特に、メランコリックなメロディの"D.C."や"Hwy. 101は女性メンバーAdrianaの乾いたクセのないボーカルとの相性が良く、トボケ気味な流れを食い止めシンフォニックに演出する場面もあります。

全体のトーンを保ちつつポップな曲やノスタルジックな曲を聴かせる幅の広さは相当のもので、セミファイナリストなんて謙遜してますが、もっと上位も狙えそうな予感。密かなオススメ盤。

|

« ホットペッパー | トップページ | 風邪が治りかける »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/10860522

この記事へのトラックバック一覧です: Semifinalists / Semifinalists:

« ホットペッパー | トップページ | 風邪が治りかける »