« Fuji Rock Festival '06 Day2 その3 | トップページ | Fuji Rock Festival '06 Day2 その5 »

2006年8月11日 (金曜日)

Fuji Rock Festival '06 Day2 その4

Candle見に行くと決まったので準備開始。夕方になってからさらに冷え込んできたので、長袖のフリースにジーンズを着込み、念のため上下のレインウェアに長靴で完全武装。そして、身軽に動けるように財布と椅子だけ持って出発しました。キャンプサイト入口くらいに差し掛かると、グリーンステージから電気グルーヴの音が聞こえて来たので、"Shangri-La"だけでも聴きたいなあと思って急いだんですが、パレスオブワンダーの前辺りで始まっちゃいました。うーん、昨日のJetの"Are You Gonna Be My Girl?"を見れなかったのと同じくらい痛い…一応音は聞こえていたので、「だからKiss Kiss Kiss、Kiss Kiss Kiss♪"と小声で歌いながら歩いて行きました。

そして、グリーンステージに着いてビックリ。レッチリ待ちの客が居るとしても、何だこの客の数は!?モッシュピットから通路前、そして通路にまで人がビッシリ。2001年のときのOasisと同じくらいの人の数にビビリながら、派手なVJとアゲアゲの電子音で体内リズムを上げて、混み合う人の間を縫うようにホワイトステージに急ぎました。さすがにこれだけグリーンステージに人が集まると、ステージ間の道はガラガラで、暗くなった山道に浮いてる愛知万博のモリゾーのようなバルーンや、ところ天国の山肌へのミラーボールの光の投影など、夜ならではの仕掛けを見ながらノンビリと移動できました(写真はその後に撮ったフィールドオブへブンのキャンドルアートです)。

で、Yeah Yeah Yeahsのライブ。始まる前はKareo Oのキャラクターやアルバムジャケットからアートっぽいロックな感じかと勝手に思っていたので、存在感タップリの音とパフォーマンスに衝撃を受けました。奇抜なメイクとファッションで現れたKaren Oはキュートで恥ずかしがり屋の少女から扇情的でエロエロなビッチまで秒単位で表情を変え、あらゆる瞬間にそのときの表現力を全て放出するようなパフォーマンスを見せます。

さらに特筆すべきはドラムスとギターという必要最小限のバックトラックの骨太さで、この確固たるバックトラックがあるからこそ、Karen Oが自由奔放にハチャメチャなパフォーマンスが単なるエキセントリックでアヴァンギャルドな「動き」に留まらないんだろうなあ。アルバムでは多少浮いて聞こえていたKaren Oの叫びも、この日は必然的に聞こえてました。ニューアルバムは多少物足りなかったんですが、この日のライブを見てYeah Yeah Yeahsへの評価は一変しました。もし、アートという言葉を「本能を飾らず表現する」という文脈で使っているならばそれは間違いではありませんが、「ちょとと小洒落た」という意味で使っているならば完全に間違いです。ホント、雨に挫けて温泉巡りに出掛けなくて良かった!

<Yeah Yeah Yeahsセットリスト>

  1. Fancy
  2. Rockers to Swallow
  3. Pin
  4. Honey Bear
  5. Gold Lion
  6. Cheated Hearts
  7. Art
  8. Black Tongue
  9. Phenomena
  10. Miles Away
  11. Warrior
  12. Maps
  13. Y Control

|

« Fuji Rock Festival '06 Day2 その3 | トップページ | Fuji Rock Festival '06 Day2 その5 »

Fuji Rock Festival 2006」カテゴリの記事

コメント

Fuji Rock Festival '06 Day2 その4: Mus!c for The Masses 1.1
Cheap oakley sunglasses http://cheapoakleyglasses.justangs.us/

投稿: Cheap oakley sunglasses | 2014年8月19日 (火曜日) 午前 04時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/11389983

この記事へのトラックバック一覧です: Fuji Rock Festival '06 Day2 その4:

« Fuji Rock Festival '06 Day2 その3 | トップページ | Fuji Rock Festival '06 Day2 その5 »