« Basement Jaxx来日決定 | トップページ | 人生初バンド »

2006年9月22日 (金曜日)

Ta-Dah / Scissor Sisters

Tadah 今年のフジロックフェスティバルでの最高に楽しかったパフォーマンスの興奮がまだまだ残っているというタイミングでScissor Sistersの2ndアルバムがジャジャ~ンと登場。シングル(の日本語タイトル「ときめきダンシン」のオバカさが最高です。アルバムの「ジャジャ~ン」も良かったのに、こっちも「ときめきダンシン」になったんですね。残念。

先行リリースされていた"I Don't Feel Like Dancin'"はあの無数の笑顔の弾けた夜にミラーボールが放っていた光のようにキラキラ輝く殺人級の即効性を持った本能に響くディスコポップで、こちらの「期待ベクトル」と完全にマッチ。そして、続く"She's My Man"は場末のスナックっぽい恐いけど覗いてみたいようなイカガワシサ、"I Can't Decide"は一転してコメディ映画のエンディングに流れていそうなキュートなメロディというように、ライブ同様オープニングから出し惜しみゼロの全力疾走です。

ところが、その後はピアノをバックにした美しいバラード"Land of A Thousand Words"やThe Beatlesの"Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band"に入っていそうな"Intermission"など耳に引っかかる曲はあるのですが、サウンドの快楽度の割には今ひとつ爆発力には欠け、悲しいかな最後は尻すぼみ気味。

ライブの煌めきの残像とオープニングの勢いがシンクロして期待が高まりすぎたせいだろうか…最初が素晴らしかっただけに、ちょっと肩透かしを喰らった感じです。

|

« Basement Jaxx来日決定 | トップページ | 人生初バンド »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/11988575

この記事へのトラックバック一覧です: Ta-Dah / Scissor Sisters:

« Basement Jaxx来日決定 | トップページ | 人生初バンド »