« 街歩き | トップページ | Tapes 'n Tapes / Tapes 'n Tapes »

2006年10月22日 (日曜日)

Born in The U.K. / Badly Drawn Boy

Bornintheuk_1 Lemon JellyNick Franglenをプロデューサに迎えた約2年ぶりの5thアルバム。残響が短めの音処理の中で、輪郭がクッキリとしたピアノやストリングスの生々しいサウンドが目立った前作と比べると、ピアノとギターを中心にして、やや深めのリバーブで奥行きを感じさるサウンドプロダクションにDamon Gouchのソングライターとしての才能がストレートに現れています。

イギリスの「第二国歌」とも呼ばれているEdward Elgarの"Pomp and Circumstance March (行進曲「威風堂々」)"をイントロに使って、本編では躍動的なポップロックを聴かせる"Born in The U.K."やメランコリックなメロディをピアノが絶妙にサポートする"Degrees of Separation"、優しく微笑んだようなメロディの"A Journey from A to B"や物憂げな中にもホンノリとした温かさを感じさせる"The Way Things Used to Be"などアースカラー中心に、微妙な色合いの変化も使いながら、アルバム全体を秋色に仕上げて行きます。

肩の力が抜けた柔らかなテキスチャに覆われた美しいメロディに、ここのところ感じていた「もう一歩」という思いは払拭。静的だけど前向きなエネルギーに満ちた雰囲気を持っていて、このアルバムを聴くともっと寒くなっても身体とキモチがポカポカして、背筋を伸ばして前を向いて歩けそう。

|

« 街歩き | トップページ | Tapes 'n Tapes / Tapes 'n Tapes »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

A rellay good answer, full of rationality!

投稿: Kory | 2013年1月 7日 (月曜日) 午前 05時26分

どうもありがとうございます。あのときyamamoさんからもらったメール、久々で嬉しかったですよ~

多分、一緒のライブには行ってますよね。しかも、結構近くに居たりしそうな気もします(笑)

BDBは初回のライブは「何じゃこいつ」って思いましたが、前回のは良かったですよ。新作が気に入ったので、是非ライブを見たいです。

そのときは立ってるのが辛そうな男に声をかけてみて下さい♪

投稿: Jun | 2006年10月28日 (土曜日) 午後 09時56分

こんにちは。
遅くなりましたが先ずは9周年、おめでとうございます!

僕がJunさんに最初メールさせてもらって、書き込みをさせてもらうようになって多分もう5~6年くらい経ってますよね。時の流れはなんて早いんでしょう。

前から思ってますけど、いつか同じライブに行ってたら(今までもけっこうあったと思いますが。笑)ご挨拶したいです。

バッドリーの新しいアルバム、良さそうですね。というか今までのどれも良いですけど。次こそ来日したら行きます。2回見逃してますから・・・・・

寒くなるまでに買おうっと♪

投稿: yamamo | 2006年10月27日 (金曜日) 午後 02時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/12372881

この記事へのトラックバック一覧です: Born in The U.K. / Badly Drawn Boy:

« 街歩き | トップページ | Tapes 'n Tapes / Tapes 'n Tapes »