« やっぱり今年も忙しい | トップページ | 何かのお告げかな »

2006年10月 7日 (土曜日)

Let's Get Out Of This Country / Camera Obscura

Letsgetoutofthiscountry デビューアルバムにはBelle & SebastianStuart Murdochも参加したCamera Obscuraの約3年ぶりの3rdアルバムはグラスゴー直系サウンドで、アマチュアリズムを感じさせるギターポップが満載です。

これまでは生命線であるメロディのクオリティに常に疑問符が残りましたが、この新作ではそんな不安を一蹴するグッドメロディの連発。キュートで直感的なメロディをコアにして、オルガンや、タンバリン、ストリングス、ホルンなどを使ってノスタルジックに仕上げた楽曲は飛び抜けたインパクトこそありませんが、全体のレベルが高いため、全ての楽曲が自然に身体に入り込んできます。

特筆すべきは全体を薄くベールで覆うようにかけられたエフェクトで、このエフェクトが生み出したザラザラした肌触りのサウンドが一人称的な感じ方を増幅し、その結果として作品中で表現されたノスタルジーが自分自身の記憶と体験に直接作用してきました。高精細のデジタルカメラで撮影した鮮明な画像ではなく、まさにカメラオブスキュラが壁に結んだ像のように味わいのある内容です。

|

« やっぱり今年も忙しい | トップページ | 何かのお告げかな »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/12187171

この記事へのトラックバック一覧です: Let's Get Out Of This Country / Camera Obscura:

« やっぱり今年も忙しい | トップページ | 何かのお告げかな »