« Born in The U.K. / Badly Drawn Boy | トップページ | Muse来日公演 »

2006年10月22日 (日曜日)

Tapes 'n Tapes / Tapes 'n Tapes

Tapesntapes ミネアポリス出身の4ピースバンドの1stアルバム。口コミ中心のブレイクしたやローファイなテイストのサウンドからClap Your Hands Say Yeah!的な香りもしますが、Tapes 'n Tapesはポップフィールドに留まらず、より広いカテゴリーの引き出しを備えて、自由な立ち振る舞いを見せています。

The Coralのようなサイケっぽさを感じさせる"Just Drums"で始まると、トボケタ雰囲気のローファイなロック"The Iliad"にアップテンポな中に憂いを封入した"Insistor"、Pavement風のノイズを散りばめた"Crazy Eights"、深めのリバーブでドリーミーな味付けを施した"Manitoba"など正に全方位的な展開。

但し、決定的なキラーチューンがなく、様々な音楽を取り込んでいる分、多少内容に散漫さが感じられる部分もあり、その解消が今後の課題になりそう。もう少し分野を絞り込みながら強みを磨き上げる戦略に出るか、このまま全体を強化して飛び級的にスケールアップする戦略に出るかが楽しみです。ラップトップの上でのカット&ペーストではない今のハンドメイドクラフト的な良さを残したまま成長すれば面白くなりそうな予感。

|

« Born in The U.K. / Badly Drawn Boy | トップページ | Muse来日公演 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/12377072

この記事へのトラックバック一覧です: Tapes 'n Tapes / Tapes 'n Tapes:

« Born in The U.K. / Badly Drawn Boy | トップページ | Muse来日公演 »