« 2006年ベストライブ | トップページ | 健全な忘年会 »

2006年12月30日 (土曜日)

2006年音楽関係重大ニュース

年の瀬で(?)、書くことがなくなって来たので、個人的な音楽関係の重大ニュースを書いてみます。

  1. 好きなバンドの解散が連発
    • 去年のSix. by SevenThe Delgadosに続いて、年明け早々Grandaddyが解散を発表し、夏以降にはGorky's Zygotic MynciArab Strapなどの地味渋バンドも解散を発表。Arab Strapは解散ライブを見れたけど、結局Grandaddyはキャンセルされた来日のリベンジはなく、2000年のサマソニで見たライブが唯一になってしまいました。ショックはかなりデカイですが、ソロワークをのんびり待つことにします。
  2. 新人バンド大活躍
    • 今年は個人的なベストアルバムのトップを席巻したArctic MonkeysThe Long Blondesを始めとして新人バンドが素晴らしい作品を連発してくれました。フジロックにやってきたMystery Jetsやちょっと粗削りですがThe KooksThe HollowaysKeithなどなど次作以降が楽しみなメンツが一杯です。
  3. 有名人と握手
    • ベルセバのライブでステージを下りて目の前まで来たStuart Murdochと握手してもらいました。そして、Arab Strapでドリンクカウンターで観客と雑談していたAidan Moffatにも握手してもらいました。これで、去年のThe Delgadosのメンバーを含めて、グラスゴーのスリーカードが完成です。

さて、今日はこれから大阪に出掛けて、夜は大学時代の友達と忘年会です。終電の時間もちゃんと調べたし、限界(時間的・体力的・アルコール的・金銭的etc.)まで飲んだくれてきます。

|

« 2006年ベストライブ | トップページ | 健全な忘年会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/13261979

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年音楽関係重大ニュース:

« 2006年ベストライブ | トップページ | 健全な忘年会 »