« 2006年ベストアルバム(総括) | トップページ | メリークリスマス! »

2006年12月24日 (日曜日)

A Fever You Can't Sweat Out / Panic! At The Disco

Afeveryoucantsweatout 昨年の9月にリリースされたラスベガス出身のPanic! At The Discoの1stアルバム。グッドメロディをスピード感と叙情的なに富んだロックテイストと絶賛流行中の古新しいキラキラしたダンステイストで仕上げた楽曲群は非常にスマートでヒットチャートを賑わすのも納得。

瞬間的にリスナーの耳を引きつけるリードトラック"The Only Difference Between Martyrdom And Suicide Is Press Coverage"やボコーダーを使ってDaft Punkっぽい効果を加えた"Nails For Breakfastなど耳馴染みの良い曲が多いですが、個人的にはAメロの少々怪しげな雰囲気と最後の部分のホンキートンク気味のピアノが良い味を出している"Lying Is The Most Fun A Girl Can Have Without Taking Her Clothes Off"の方が好印象。

但し、全体的には色々なサウンドの美味しいところを寄せ集めて来た印象で、バンドとしての表情がツルツルしていて、肝心のサウンドは耳に入った瞬間に流れて行ってしまいます。キレイなのは認めるけど、イマイチ色気を感じない仲間由紀恵みたいなといったところでしょうか。

|

« 2006年ベストアルバム(総括) | トップページ | メリークリスマス! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/13188158

この記事へのトラックバック一覧です: A Fever You Can't Sweat Out / Panic! At The Disco:

« 2006年ベストアルバム(総括) | トップページ | メリークリスマス! »