« Hats off to The Buskers / The View | トップページ | The Good, The Bad & The Queen / The Good, The Bad & The Queen »

2007年1月28日 (日曜日)

A Weekend in The City / Bloc Party

Aweekendinthecity プロデューサにJacknife Leeを迎えた約2年ぶりの2ndアルバム。前作はソリッドなサウンドと肉感的なリズムトラックを融合させたロジカルかつ扇情的なサウンドでしたが、今作は内面へと深く潜り込むような理知的でストイックなプロセスを感じさせる曲が多く、正直、最初に何度か聴いたときにはピンと来ませんでした。

ところがじっくり向かい合って聞き込んでみると、個々の楽器単独で生み出されたノリの積み重ねではなく、それぞれの楽器の相互作用の生産物としての形成された強烈なバンドサウンドのグルーヴを発見。これが、スマートさを抑えて、泥臭さを感じさせる楽曲との相性が抜群で、メロディの五線譜上での動きが少なくても、ダイナミズムという点での楽曲の動きは絶大です。

太く、重く、塊になった音は、スピリチュアルであると同時にダンサブル。断片的には前作で聴かれたサウンドと相似形のものもありますが、、1stアルバムとの直接的なサウンド面のつながりは希薄で、Bloc Partyの2ndアルバムとして聴かない方が先入観に囚われない分良いかも知れません。成功したサウンドを一旦手放して、ゼロベースで再設計し直す勇気にも拍手。

|

« Hats off to The Buskers / The View | トップページ | The Good, The Bad & The Queen / The Good, The Bad & The Queen »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/13690369

この記事へのトラックバック一覧です: A Weekend in The City / Bloc Party:

« Hats off to The Buskers / The View | トップページ | The Good, The Bad & The Queen / The Good, The Bad & The Queen »