« 壁画ニット | トップページ | ヘキサリンガル »

2007年1月21日 (日曜日)

Heights / Eskju Divine

Heights スウェーデン出身のピアノ、ベース、ドラムスという構成の3ピースバンドの2ndアルバム。ギターレスということもあって、聴く前はKeaneっぽい音をイメージしていましたが、全体的に影を持った楽曲やストリングスやコーラスの重ね方は闇雲なゴージャス感を抑制したストイックなMewという方が近いかも知れません。

とは言っても、煌めくイントロで始まって、最終的にはMogwaiSigur Ros並みの光量を放出する"Release Me"や淀みがちの空気にスネアのロールで小気味良いリズムを与えた"Hold On"、ピアノとストリングスの激情性を使ったエモーショナルな"Put Your Arms Around Me"など、ピアノをコアとした単なるロック~ポップスに留まらない面も数多く見受けられます。

但し、「やり過ぎ注意」の最終ラインを忠実に守った自制気味のサウンドはピュアでクリアな印象が強い一方で、全体的にやや決定力に欠ける感じもあります。決して嫌いなタイプの音楽ではないのですが、MewKeaneと比べると、今ひとつ開き直りが足りない気がしました。

MySpaceで試聴

|

« 壁画ニット | トップページ | ヘキサリンガル »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/13602963

この記事へのトラックバック一覧です: Heights / Eskju Divine:

« 壁画ニット | トップページ | ヘキサリンガル »