« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土曜日)

mixi読み逃げ

ちょっと前に、ITMediaなどでも取り上げられた「mixi読み逃げ」。

既に有名な気もしますが、こんなものがあるので載っけときます。これは面白いです。最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久々に真面目に(?)更新

追い込まれるまで真面目で仕事をしない習性がついてしまって、3月後半は本気でヤバイ毎日をバタバタと過ごしてましたが、最後の報告書を何とか提出できたので、今週末は久々にのんびりです。

そんな中、早割、苗場地区民宿1次申し込みに続き、再び苗場地区民宿2次申し込みにも落選してしまいました…まあ、4月1日から予約を受け付けるところも(噂では)多そうなので、これから頑張ります。去年、車中4泊という底辺を経験してるだけに、最早失うものは何もありません。縦が1.8m、横が1m程度のスペースがあればOKです。

音楽関係ではOnetwoというユニットが気になってます。メンバーは、80年代に"Enola Gay"などのヒットを飛ばし、最近再結成したOrchestral Manoeuvres in The DarkPaul Humphreysとこれまた80年代にZTTレーベルから"Duel"のスマッシュヒットを飛ばしたPropagandaのボーカルClaudia Brückenという、その筋の人は鼻血が出てきそうな方々です。

しかも、"Cloud 9"という曲では何とDepeche ModeMartin Goreが曲作りに参加しているとかで、鼻血だけではなく、色んなところから色んな血が出てきそうです。

MySpaceで4曲ほど聞くことができます。さすがに、今となってはそれ程刺激的な音ではありませんが、最近密かにPropagandaが気になっていたので、個人的には嬉しいです。

これから早速Amazonで注文します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水曜日)

サマソニにBright Eyes (とModest Mouse)

年度末でバタバタ状態な上に、東京出張で力尽きています…そんな中、さっき見たサマソニの追加アーティスト

Bright Eyesはサマソニなのか…新譜出るし、寝転びながら聞いてみたかっただけに、かなり残念。The Fratellisも楽しそうだからちょっと見たかった。

そして、オフィシャルの発表ではありませんが、Johnny Marrが参加したModest Mouseサマソニ出演決定のようです。こちらもガッカリ…

しかし、今年はフジもサマソニも渋めのところから情報を出して行くなあ。驚きのヘッドライナーが登場するのか、このまま渋めメンバーを積み重ねていくのか…何の根拠もないですが、後者のような気がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日曜日)

フジロックフェスティバルすっぱ抜き情報

フジロックフェスティバルの新しいすっぱ抜き情報が出ています。オフィシャルでの発表は3月30日らしいです。

  • 浅井健一
  • 石野卓球
  • !!!
  • The Answer
  • The Band Apart
  • Battles
  • DJ Nori
  • Joss Stone
  • Marva Whitney with Osaka Monaurail
  • Muse
  • Mika
  • Ratatat
  • 少年ナイフ
  • Space Cowboy

Museがようやく正式発表になり、Mikaも正式発表。Mogwaiのオープニングアクトを務めたRatatatが決定になり、Space Cowboyはライブセットでやるという噂も…

ライブがもの凄いという!!!も追加されて、結構楽しみなメンツが揃ってきました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土曜日)

Erasureのニューアルバム

永遠のエレクトロポップユニットErasureが約2年ぶりのニューアルバム"Light at The End of The World"をリリースするようです

何と5月16日に日本先行発売で、イギリスでは5月21日発売という、担当者が悪いものでも食べたとしか思えないリリーススケジュール。タイミングは抜群だけどフジかサマソニに…来ないよなあ。

そして、ニューシングル"I Could Fall in Love with You"はどこをどう取っても完璧にErasureソング。彼らにそれ以外を望むのは間違いですね。前作の"Nightbird"で(個人的に)奇跡の復活を遂げただけに、今回も大きな声で言うのは少し恥ずかしいですが楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木曜日)

The Sunshine Underground@心斎橋クラブクアトロ

今日は定時まで仕事して、The Sunshine Undergroundのライブへ行ってきました。客入りは6割から7割ってところでやや寂しかったですが、後ろの方は空いていて自由に身体を揺らして見ることができました。

ライブは全ての音を生で演奏することに拘らず、シーケンサやドラムマシーンを使うところは使うという割り切りが成功していて、ブイブイ鳴らされるベースと作るリズムトラックはフロア仕様。そこに、アルバムよりも数段固めのギターがガッガッと絡み、メタボリック気味のボーカルの兄ちゃんがシャウトという構図で、ダンサンブルかつロック。

19時8分に始まって19時51分に本編終了、19時53分にアンコールが始まって20時2分にアンコールが終了というコンパクトなライブでしたが、新人バンドのイキの良さが充分に出ていて楽しめました。アンコールの最後で狂った様にカウベルを叩きまくるメタボリックは「祭り太鼓」という雰囲気で、ステージングもなかなか。「世界で初めて披露する新曲」も含めて、ライブ前のJusticeのバキバキのデジタルサウンドに負けない内容でした。

そんでもって、「シーユーサマーソニック!」ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水曜日)

捕らぬ狸の…

久々に非音楽ネタ。

ずっと前から今使っている携帯(auのtalby)を変えようと思っていて、春モデルの中では最有力だったMediaSkinが店頭にあったので触ってみました。ただ、色んなサイトのレビューにあった「触覚」についてはピンと来なかったのと、ボタンが小さくて押しづらそうなのと、ワンセグのアンテナが内蔵でないというのが気に入らなかったので、いつ出るか分からないINFOBAR2を待つことにしました。

その後、少し前にソニーから発表されたポータブルカーナビnav-uを見に行きました。未発売だったので店頭にはなかったんですが、三洋のミニゴリラを見て何となく分かった気に…そして家に帰ってきてから、Amazonでカートに入れるところまでいったのに、「いや、nav-uの次のバージョンではきっと内蔵メモリが増えて、ワンセグチューナーを乗せてくるはず」と考えて、いつ出るか分からないnav-u2を待つことにしました。

この性格を何とかしたいもんです。

さて、明日は心斎橋クラブクアトロでThe Sunshine Undergroundのライブです。4500円という値段に惹かれてチケットを取りましたが、ドリンク代500円別でした。まだ、アルバム1枚しかリリースしてないことを考えると、1時間ちょいで終わるかな。そう考えるとなら、別にチケットは安くなかったのか…

年度末の重要な時間を4時間ほど潰してしまい、自爆の予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月曜日)

サマソニにTravis

本日のSummer Sonicの第二弾発表Travisが追加されてます。前回の単独公演が中止になり、そのまま来日することがなかったし、5月にニューアルバムのリリースが決定しているだけにタイミングは良いですね。

しかし、まだThe Long BlondesCSSInterpolTravisArctic Monkeysしか見たいのがいないや。って、それだけいたら充分かな。

これらのバンドが1日にまとまってくれると有り難いけど、これがまた巧い具合にばらけるんだろうなあ。まあ、きっと世の中そんなもんです。

毎日夏フェスのネタを書いてますが、これはほとんど現実逃避です。年度末の多忙な毎日に半泣きです。それなのに木曜日はThe Sunshine Undergroundのライブです。…アホですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてサマソニは…

Avril Lavigneの出演が決定したようです。

本当に今年のラインアップはこれまでのサマソニとはちょっと違いますね。まあ、確かに宣言通り「華やか」ではあるけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日曜日)

The Cure決定!

The Cureのフジロックフェスティバルへの出演が決定したようです。正式発表は明日。

23年ぶり。前回の来日の時は中学生だったよ!Robert Smithの不気味さにびびりながらアルバム聞いていたなあ。あとはヒネクレ者のロバスミが「やっぱ、やーめた」ってならないことを祈るのみです。

"Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me"のレコード引っ張り出して聞いてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近々リリースされるアルバムリスト

個人的な備忘録を兼ねて、近々リリースされるアルバムリストをまとめてみます。赤字は国内盤、青字は輸入盤で、リリース日程の早い方だけを載っけています。

  • 3/20 We Were Dead Before the Ship Even Sank / Modest Mouse
  • 3/21 Brett Anderson / Brett Anderson
  • 3/26 Only The Names Have Been Changed / Kelly Jones
  • 3/28 Traffic And Weather / Fountains of Wayne
  • 4/3  Because Of These Times / Kings of Leon
  • 4/18 Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkeys
  •         Beyond / Dinosaur Jr
  • 5/2  Boy With No Name / Travis
  • 5/7  Send Away The Tiger / Manic Street Preachers
  • 5/15 Sky Blue Sky / Wilco

輸入盤を含めたリリース日程はコチラへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジロック出演アーティストすっぱ抜き第三弾

今日のInterFMのRadio Up Nineで先週に続いてフジロックフェスティバルの出演アーティストのすっぱ抜き情報があるようです。

色んなところで噂になっている23年ぶりの来日になる彼らや、現在濃いライブを絶賛展開中の彼らを始め、今春に新作をリリースする彼なんかが発表されるんでしょうか。

もし、そうだったら嬉しいな。そうじゃなかったら…まあ、それはそれで次の発表が楽しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土曜日)

Manic Street Preachers新作情報

Manic Street Preachersが"Lifeblood"以来となる約2年半ぶりのニューアルバム"Send Away The Tigers"を5月にリリースします。プロデューサはDave Eringaを起用している模様。

さらに、コチラからニューアルバムに収録されている"Underdogs"を無料でダウンロードできます。リッチな音になっていますが、初期の頃を思い起こさせるハードなギターをフィーチャーしたロックに仕上がっています。

前作はちょっとノスタルジック過ぎた気がしただけに、この変化は歓迎しますが、アルバム全体としてはどうなってるのかが気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mull Historical Society始動

チープなポップミュージックを奏でるMull Historical SocietyことColin Macintyreが5月14日にニューシングル"Stalker"をリリースするようです。

この曲は彼の4枚目のアルバム"The Water"からのファーストシングルということなので、5月中にはアルバムもリリースされるかも知れません。

こういう人がフジなりサマソニなりに来てくれると嬉しいんだけどな。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金曜日)

The Cure続報

フジロックフェスティバルで来日するかも知れないと言われていたThe Cureですが、オフィシャルサイトにこんなコメントが出ています。

今年のフジロック、特に7月27日金曜日が面白いよ!

詳細情報は「サイン(署名)のインクが乾いたらオフィシャルサイトで発表する」ようです。相変わらず、ヒネクレタやつだ。

しかし、中学生の頃にリアルタイムで聞いてたバンドを2007年に見ることになるとは不思議だなあ。Depeche ModeEcho & The Bunnymenのライブをリアルタイムで見るのとは違った感慨があります。New Orderが17年ぶり、The Cureが23年ぶりなんだから、Depeche Modeの来日があっても不思議じゃないよなあ。単独じゃなくても、フェスでも夏祭りでもディナーパーティーでも良いのでよろしく。

そして、MuseがFM放送でフジロック出演をゲロッた模様。ネームバリューではなく、生み出す音のみで瞬間的に空気を変えてしまうバンドだけに、4ヶ月のインターバルとはいっても楽しみで仕方ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木曜日)

余韻

昨日のMuseのライブの余韻が消えません。今は、先週のBloc Partyの不完全燃焼感も来週のThe Sunshine Undergroundへの期待感も入る余地はありません。今日はiTunesのプレイリストにセットリスト通りに曲を入れて聞いていましたが、さすがにライブと比べると物足りないですね。是非、ライブ盤を出して欲しいもんです。あ、Mathewの王子っぷりも見てみたいのでできればDVDでお願いします。

フジロックでは金曜日のグリーンステージ(メインステージ)のトリではないかと言われていますが、あのパフォーマンスをもってすれば全く問題ないでしょう。あの独特の世界は好き嫌いが分かれるとは思いますが、ちゃんと聞いたことがなくて、「は?Museがトリ?」と思ってる人に衝撃を与えることは充分可能でしょう。ベストブリティッシュアクトです。

Museのライブを思い出しながらも今日届いたLowAqualungの新譜もちょこちょこ聴いてます。LowDave Fridmannを共同プロデューサに迎えて、意外なほどポストロック的なアプローチを取ってます。前作とはエライ違うので少々驚いて、まだ咀嚼できてません。週末にかけて聞き込んで、また感想を書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水曜日)

Muse(3/14 Zepp Osaka)の感想

正式なライブレポートはまたまた週末に書くとして、簡単な感想を。

18時45分くらいにZeppに到着しましたが、会場の外に結構な数の人がいました。チケットの整理番号が早かったのですぐに中に入って、PAブース横あたりに陣取りました。既に自分がいた場所より前の方は人が詰まっていて、ちょっと驚きました。

ライブ自体は相変わらずのオレ流アイデンティティが前面に押し出されていましたが、多少ナルシスティックな部分が弱くなった気がしました。といっても、内容はあらゆる意味で「濃い」ものでしたが…

前半はボーカルとギターの音量がやや小さく感じたものの、中盤以降はクリアに聞こえるようになり、Mathewの表現力豊かな声とギターが炸裂していました。そうなると、メタルのようなハードな曲でも、打ち込みを主体とした曲でも、ジャジーな雰囲気の曲でも、驚くほどハイレベルのパフォーマンスを展開してくれます。

向かって右側のスクリーンの調子が悪く、ライブ中に脚立で直そうとしたけど上手く行かなかったり、"Supermassive Black Hole"で映像にテストパターンが表示されて、しばらく映らなくなるなどライブのオペレーション面では不手際もあありましたが、パフォーマンス面では文句の付けようがなく、またまたスケールアップしたMuseを体験することができました。

全体的に2004年の単独公演と同じくらいに素晴らしい内容でしたが、ラストの"Knights of Cydonia"は圧巻。コーラス部分の歌詞はスクリーンにも出ますが、是非覚えていってシングアロングすることをオススメします。

いやあ、良いものを見せてもらいました。ちょっとインターバルが短いですが、出演が噂されているフジロックも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手にリフレッシュ休暇

Camper 最近、頭と身体が疲れ気味だったので、今日は会社を休みました。

まず、午前中は借金の繰り上げ返済をするため銀行へ。最近、ウォーキングをサボっていたので、行きは山沿いのアップダウンのある道を歩き、帰りは海沿いの道を歩いたら、適度に身体が絞れた感じ。借金もようやく一桁減って、こっちも多少絞れた感じ。

そして、夕方からはMuseのライブでしたが、ちょっと早めに家を出て車で心斎橋へ行きました。高速道路は環状線への合流地点で一瞬混んだものの、それ以外はスムーズに流れていたので、約1時間で長堀の駐車場へ到着。久々に都会を走ったので軽く緊張しました。片側3車線以上の道路は未だに落ち着かないや

心斎橋の大丸で写真のスニーカーをゲット。去年から新しいスニーカーを買おうと思ったのに、気に入ったものがなかなか見つからず、結局1年間ずっと薄汚れたコンバースを履いていましたが、ようやく足元をリニューアルできそうです。本当はキャンバス地で3色の切り替えになっていて、左右でアシンメトリーなものも気になったんですが、38歳の男が履くには可愛すぎたので思いとどまりました。今までなら買っていた気がするだけに、成長を感じました。

その後、一風堂でラーメンと半チャーハンを食べて、18時頃にZepp Osakaへ出発。Museのライブの感想は別のエントリで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火曜日)

The Cure in Fuji Rock Festival?

The Cureオフィシャルサイトこんなものとかこんなものが!

まだまだ出演決定の根拠としては弱いものの、2001年のWhite StageにNew Orderが決まったときのようなワクワク感です。最近はそれ程追っかけていた訳じゃないけど、中学生から高校生のとき大好きで聞いていたバンドだけに、生で見れたら嬉しいです。

過剰すぎない程度に期待しながら発表を待とうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Freebase

マンチェスターの出身のベース3人(New OrderPeter HookThe SmithsAndy RourkePrimal ScreamMani)によるFreebaseはデビューアルバムでOasisLiam Gallagherとレコーディングを行っているようです。

Peter Hookによると、「既に何人かのグレートなシンガーと一緒にレコーディング終わってんねん。(The Charlatansの)Tim Burgessはボーカル入れてくれたしな。Liam Gallagherは今やってくれてるとこやし、Ian BrownBobby Gillespieもやってくれると思うで」(意訳)とのこと。

しかし、荒くれ者ばっかり呼んでるけど、こんなメンバーよくまとめたな>ヒゲ

案外真面目に作業していたのにも驚いたけど、使用前(左から2番目と)使用後の違いにも改めてビックリ。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月曜日)

サマソニメンツ?

これは本当なのかな?(既にNOT FOUNDになっているので、コチラの正式発表をどうぞ)The Long BlondesArctic Monkeys以外に見たいのがいないなあ。今年はフジもサマソニもブッキングが厳しいのかな。しかも、「Interpole」だし。

と思ったら、チケット代は0円なのか…(笑)

しかし、index_text.htmlって。担当者は怒られそうだ。

まあ、あと数時間すればハッキリしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日曜日)

フジロック出演アーティスト情報

3月15日にオフィシャルで発表される8バンドは以下の通りです。

  • 赤犬 (日本)
  • Clammbon (日本)
  • G. Love and Special Sauce (アメリカ)
  • Kula Shaker (イギリス)
  • Railroad Earth (アメリカ)
  • Switches (イギリス)
  • Yo La Tengo (アメリカ)
  • Your Song Is Good (日本)

この中にはトリは少なくともグリーンステージのトリは入っていなさそうです。もちろん、最終的にどうなるかは分かりませんが、去年より地味な発表プロセスのような気が…Kula Shakerの2年連続はかなり「?」。イギリスのニューカマーSwitchesはちょっと楽しみです。

コチラに出演決定アーティストの情報をまとめています。MySpaceのサイトへのリンクもありますので、音源を聞きたい方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっぱ抜き第二弾

フジロックフェスティバルのオフィシャルラジオのRadio Up Nineのサイトによると、本日の放送で出演アーティストのすっぱ抜き第二弾が行われるようです。

先行発売が始まり、一般発売も間近のタイミングということもあり、トリあるいはトリ前クラスのアーティスト発表もありそうな雰囲気ですね。

そして、明日(3月12日)はサマソニの第一弾発表です。春の足音を通り越して、既に夏の足音が聞こえてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土曜日)

チケットゲット

今日からフジロックフェスティバルのチケット先行発売が始まりましたが、奇跡的に10時ちょうどにイープラスでチケットを購入することができました。めざましテレビの週末占いカウントダウンで3位だっただけはあるな。

あとは駐車場が徒歩圏内なら言うことはありませんが、こればっかりは早く繋がったから大丈夫ってこともなさそうなので心配です。「田代」や「みつまた」だと半泣きです。占いを信じながらチケットが届く日を待つことにします。

本当は今日、Bloc Partyのライブレポートを書くつもりでしたが、午後から出掛けたので明日になる予定です。セットリストをプレイリストにしてiPodで聴きながら、当日を思い出してるところです。しかし、このセットリストはiPodで聴いてると最高なんだけどなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金曜日)

こっそり追加発表

タワレコのページによると!!!もフジロックに出演決定してるみたいです。

チケットは明日から先行発売。今のメンツだとなかなか地味で食指も動きづらいですが、年中行事ということで取りあえず予約してしまおうと思ってます。

もう、泊まるところは二の次です。何てったって、最終手段 (駐車場でクルマ、公衆トイレ、温泉の最強組み合わせ)があるもんね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火曜日)

Bloc Partyライブ

37歳最後のライブはBloc Partyでした。そして、38歳最初のライブは来週のMuse。世間一般の同世代の人とはかなり違った38歳のようです。

そしてBloc Partyのライブですが、一昨年の来日公演のときとほぼ同じ感想で、「アルバムにはあれだけ良い曲があるのになあ」ってずっと思って見てました。こんな人は少数派でしょうか…

詳しくは週末あたりにライブレポートに書きます。

そういや、今日もアンコールが終わったときに"See You Summer Sonic!"って言ってました。ただ、個人的にはもうBloc Partyのライブは見なくていいや(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月曜日)

サマソニの第一弾発表は3月12日

Summer Sonicのオフィシャルサイトが更新されてます。

珍しく能書きを垂れているのは期待半分不安半分ってところでしょうか。Arctic Monkeysに続くUK勢はKasabianBloc Partyあたりでしょうか。Kasabianのライブは良かったですが、さすがに今年出たら使い過ぎの感は否めませんね。フジのThe Chemical BrothersPrimal Screamみたいなもんか?

あと、気になるのは

今年から、大阪は会場を舞洲へと移し、会場近くのキャンプ・サイトも加えて、一気に野外の開放感を増します。

というくだり。サマソニには野外の開放感よりも、便利さを求めたい気が…クソ暑い中、インテックスやWTCのクーラーが効いた環境はサマソニならではの良さって気もするんだけどな。

女性アーティストってのもちょっと気になるなあ。Bjorkあたりが順当なとこかな。

来週の今日は拍手喝采か、それとも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日曜日)

フジロック便利リンク集

フジロック便利リンク集なるものを作ってみました。オフィシャルリンクなどの他にレインウェアなどのリンクもあります。アウトドア系はこれから増やしていく予定です。

出演アーティスト関係はオフィシャルサイトとMySpaceへのリンクと、僕のサイトでのアルバムレビューとライブレポートへのリンクを張ってあります。レビューは別として、オフィシャルとMySpaceへのリンクは使えると思いますのでご利用下さい。

しかし、こうやって見ると、第一弾発表はアメリカのアーティストが多かったんだな。

そして、相変わらず、フジロックの宿泊場所を抑えるのが悩みの種です。どうも個人で予約するのと比べると、ツアーセンターの料金は25%くらい上乗せしていることが分かったので、どうしようか迷ってます。取りあえず保険で申しこんでおいた方がいいのかなあ。ま、当たるとは限らないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土曜日)

Waters of Nazareth / Justice

Watersofnazareth 昨年の朝霧JAMなどで来日し、今年のフジロックフェスティバルの出演も発表されたエレクトロデュオが昨年リリースしたEP盤。外界とのコミュニケーションパスを遮断した状態で、繰り返し聴き続けたら、様々な感覚が麻痺しながら中毒になっていきそうなタイプの音楽。

Vitalicなどにも通じる攻撃的なサウンドと外界へと向かうエネルギー流量の豊かさははロック的。人間的な表情は希薄ですが、これはライブにおいて時には不要なまでに補完され得る要素なので、トラックの匿名性の高さや記号性はこれくらいがちょうど良いのかも知れません。

機械的なサウンドを生み出すためのシンセサイザーの音は鋭角的にエッジ処理がされていて、グシャッと潰れた音やデフォルメされたノイズ成分が神経を逆撫でする(僕の)領域に半歩ほど侵入。この境界線がどこにあるかによりますが、好き嫌いがハッキリ分かれそうな気がします。

"Let There Be Light"の最後の方の優しげな音に救われましたが、個人的にはいっぱいいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木曜日)

Summer Sonic'07続報など

結局、Arctic Monkeysのヘッドライナーの件は本当だったみたいですね。

クリエイティブマン社長・清水氏はこのように語っている。「はっきり言って、今までは大トリは格や実績を気にしてブッキングをしていました。ただ、数々の 記録のみならず、今のUKにおいてのムーヴメントを考えると、このバンドがトリをできない要素の方が見当たらなく思えてきたのです。(後略)

まあ、大筋で間違ってないと思うけど、これまで非常にマーケティング面と意外性の面のバランスを上手に取ってきただけに、今回の選択は冒険的な気はします。ただ、Arctic Monkeysがヘッドライナーという意見がここまで多いのは、主催者側としては予想外だったんじゃ?

さらに、立ち読みしたロッキンオンには「UKで人気のある若いバンド」「ロックの域に留まらないアメリカのバンド(?)」「年末あたりから来日した若手」みたいなヒントも挙がっていました。第一弾発表は3月中旬予定。しばらく情報待ち。

そして、フジロックの苗場・浅貝地区の宿泊施設の抽選に外れました…去年の車中4連泊の悪夢再びか?しかし、早割が外れた時よりもショックです。

そんな中、今月Lowのニューアルバムがリリースされることを知り、ちょっとだけ元気復活。Dave Fridmannプロデュースで3月16日に日本先行発売です。Lowも一度生で見てみたいな。

それではJusticeKaiser Cheifsの新譜なんぞを聞きながら、花粉症と闘うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Summer Sonic'07(未確認情報)

サマソニのヘッドライナーのうちの1つはArctic Monkeysに決定した模様(未確認)です。この英断は、2ndアルバムの内容次第で評価が分かれそうです。そして、彼らは今月1日限りのライブを東京で行うらしいです。

しかし、クリエイティブマンはKasabianといい、Bloc Partyといい、若い勢いのあるバンドを使い過ぎ(消費?)のような気が…

フジロックの方は出演バンドが正式発表。チケットの発売は3月10日からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »