« Summer Sonic'07続報など | トップページ | フジロック便利リンク集 »

2007年3月 3日 (土曜日)

Waters of Nazareth / Justice

Watersofnazareth 昨年の朝霧JAMなどで来日し、今年のフジロックフェスティバルの出演も発表されたエレクトロデュオが昨年リリースしたEP盤。外界とのコミュニケーションパスを遮断した状態で、繰り返し聴き続けたら、様々な感覚が麻痺しながら中毒になっていきそうなタイプの音楽。

Vitalicなどにも通じる攻撃的なサウンドと外界へと向かうエネルギー流量の豊かさははロック的。人間的な表情は希薄ですが、これはライブにおいて時には不要なまでに補完され得る要素なので、トラックの匿名性の高さや記号性はこれくらいがちょうど良いのかも知れません。

機械的なサウンドを生み出すためのシンセサイザーの音は鋭角的にエッジ処理がされていて、グシャッと潰れた音やデフォルメされたノイズ成分が神経を逆撫でする(僕の)領域に半歩ほど侵入。この境界線がどこにあるかによりますが、好き嫌いがハッキリ分かれそうな気がします。

"Let There Be Light"の最後の方の優しげな音に救われましたが、個人的にはいっぱいいっぱいでした。

|

« Summer Sonic'07続報など | トップページ | フジロック便利リンク集 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/14115243

この記事へのトラックバック一覧です: Waters of Nazareth / Justice:

« Summer Sonic'07続報など | トップページ | フジロック便利リンク集 »