« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月28日 (土曜日)

トータルコーディネート

昨日の仕事中にこのニュースを読んで、思わず吹き出してしまいました。

アキバで万引き横行 転売でメイド喫茶通いのオタクも

もちろん、万引きが横行しているっていう部分じゃなくて、

電磁波を遮断する米軍仕様の特殊なアタッシェケースのなかに電波や磁気で盗難を感知するタグが付いた商品を入れて持ち出し、警報機を鳴らなくする手口で犯行を繰り返していた男が逮捕された。男はアキバの軍事オタクがよく着る迷彩服で犯行に及んでいたため、特殊なバッグを持っていても不自然に思われなかったという。

っていうところ。まあ確かに、迷彩服着てたらちょっと特殊なカバン持っていても小道具かと思うもんなあ。ていうか、そんなことに気付くアタマがあれば別のことすりゃいいのに。

さらには、

なかには、ネットカフェに備え付けられたパソコンを分解し、内部の装置を中古機器店に売り渡していた男もいた。

らしい。さすが大都会東京。恐るべし。

そんな東京へ明日から遊びに行きます。冷たいコンクリートジャングルで路頭に迷わないように気を付けなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木曜日)

ゴールデンウイーク間近

土曜日から9連休です。嬉しい一方で、休み明けのことを考えるとちょっと恐いです。リハビリに5月いっぱいかかりそうな予感。

例年、ゴールデンウイークに出掛けたりはしないんですが、今年はサスガに長いので東京へ遊びに行くことにしました。新東京名所をお上りさん風に楽しみながら、30日はチケットぴあの発売初日に2枚しかチケットが売れなかったというメイクレジェンド路線まっしぐらのLiveStandに行きます!

こういうデカイイベントの第一回目は伝説になるもんです。そんな伝説を間近で体験できると思ったら、少々のチケット代くらい何のその(ヤフオクで安く買ったけど)。いや、マジで去年のウドーフェスに比肩する伝説を巻き起こせる可能性があるんじゃないかと思ってます。

そんな場所でフィナーレに立ち会えることが心の底から幸せだと思います。せっかく、飛行機に乗って神戸から行くので、今までに体験したことのないような衝撃を味わってみたいもんです。楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日曜日)

Favourite Worst Nightmare / Arctic Monkyes

Favouriteworstnightmare_1 約1年という短いインターバルでリリースされた2ndアルバム。基本的なアルバムの構成要素は1stアルバムと同じですが、サウンドは前作よりもタイトでヘヴィになると共に、曲でもアルバムの流れの中でも、押し引きが巧く付けられていて、全体的に色気がグッと増しています。

但し、グッドメロディ&ロックンロールという反論の余地がないシンプルなロジックの1曲目で作った流れに乗って、あれよあれよという間に最後まで乗り切ってしまった1stに比べると、サウンド面でのアイデアへの依存度がやや高い内容はちょっとまどろっこしく感じる部分もあります。

前作で感じた軽快な疾走感は薄れましたが、旧態のロック的要素を巧みに組み替えることによって、"Brainstorm"や"Teddy Picker"のような凄みを感じさせる曲を生み出すセンスはハイレベル。そして、変態的な曲からムード歌謡のような曲まで作れるという新しい強みは、彼らの新しい推進力。

即効力は落ちたものの、破壊力は増大。ただ、格云々で言うのではないですが、ライブは全てを完全にコントロールできる閉空間の会場でやった方が、より良さが際立つ気がします (根拠はイマイチありませんが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フジロック完全版

自分用の備忘録も兼ねて…

先月、Red Hot Chili Peppersの2006年のフジロックでのパフォーマンスが(一部を除き)「完全版」として放送されましたが、4月27日(金)の0時30分からFranz Ferdinand、5月17日(木)の0時30分からThe Strokesが放送される予定です。

通常の1日3時間での放送は多くて1アーティスト3曲程度なので、権利関係のクリアが大変だろうけど、続けてくれると嬉しいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金曜日)

音楽漬けの一日

Favouriteworstnightmare 今日は東京へ出張。朝から打ち合わせがあれば飛行機ですが、今日は昼少し前に着けばよかったので久々に新幹線でゴー。ドリンクサービスはないけど、足を伸ばして座っていられるのは、ギックリ腰気味の身体にはありがたい。

長時間座ってる新幹線ではiPodのお供が必須ですが、僕のiPodは第三世代という年期の入ったものなので、バッテリーが3時間も保たないという悲しさ…ところが、ラッキーなことに行きも帰りもコンセントのある席を取れたので、席に着いた瞬間にiPodのACアダプタを差し込んで、行き帰り往復5時間ずーっと音楽聴いてました。

今日主に聞いてたのは昨日HMVから届いたArctic MonkeysNine Inch Nailsの新譜。Arctic Monkeysは前作よりも多少ヘヴィになったかな。エフェクターとかユニゾンとか使って分厚くなったところもあるけど。あと、音に色気が出たような気もしました。Nine Inch Nailsは相変わらずノイズがカッコ良いです。10年前は生理的に受け付けなかったのに、大きな進歩です。この2枚はしばらく聞き込んで、早めにレビュー書きたいです。

明日くらいにはKings of Leonのレビューを書き上げよう。そんでもって、パーマネントメンバーを迎えたBright Eyesの新作も早く言葉にしたいな。

もちろん、予定です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木曜日)

Puma

最近、PumaのCMソングが気になっていたので、調べてみたところこのページを発見。

「お、Mazarinってアルバム持ってたな」と思って、iTunesの中で曲を探したのですが、該当する曲がありません。「おかしいな」と思ったら、

彼らより以前から活動している同名バンドから訴えられ、名義変更を余儀なくされてしまい、マザリン名義での活動に終止符が打たれました。

とのこと。はい、僕の持っているMazarinは訴えた方のバンドなのでした。

ただ、こっちのMazarinの"Watch It Happen"ってアルバムはかなり良いので、Mazarinつながりでお試し下さい。しかし、訴えたということは、まだMazarinってバンドやってたんだな。

で、ふと思い出したのが同時期に好きだったWheatDave Fridmannプロデュースの2ndアルバムは傑作でした。で、この人達も何やってるのかと思って調べてみたら、5月にニューアルバムが出るようです。前々作から前作までが4年、前作から今作が4年。オリンピックか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月16日 (月曜日)

新作Tシャツ

このTシャツ面白いな。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/16/news114.html

音センサーでスペクトラムアナライザーをモチーフにした映像が動くってのがいいな。5000円だったら、ちょっと失敗しても笑って済ませられる範囲だし、冗談抜きで本気で欲しくなってきた。

ただ、洗濯は「手洗いで注意深く」って…水がかかってもホントに大丈夫なのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月15日 (日曜日)

Because of The Times / Kings of Leon

BecauseofthetimesKings of Leonといえば、土埃が舞い上がりそうなロックと腰上にギターを構える非スタイリッシュなパフォーマンスのイメージが強烈だっただけに、前作の「ナウなヤング」への変化は何とか許容範囲でしたが、今作は正直驚きました。

言ってみれば、中学時代ダサかった友達が別の高校に進んだ高校デビューしたのを見かけたような違和感。まあ、前作で予兆はあった訳ですが、元のイメージがイメージだ けに、スペイシーなギターサウンドを聴かされたりすると、やっぱり「うへ?」とヘンテコリンな声を上げてしまいます。

淡々とフレーズを重ねながら昂揚感を増していく新境地の"Knocked Up"だけでなく、生々しい金切り声のシャウトが入った以前の姿を感じさせる"Charmer"や新旧の要素が巧い具合に混ざった"My Party"などもあるものの、良い意味での泥臭い直感性が目減りしてるのは残念。

何かのキッカケで一変しそうなモヤモヤ感があるのに、それがなかなか変わらないモドカシサがありますが、もうしばらく聞き込んでみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土曜日)

NINの新作

今月、ニューアルバムをリリースするNine Inch NailsMySpaceで、アルバムの全曲をフルレングスで試聴することができるようです。

アルバムのリリースまで我慢できないという方はチェックしてみてはどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Traffic And Weather / Fountains of Wayne

Trafficandweather カントリーからフォーク、ギターポップにロック、果てはなんちゃってOasisThe Charlatans風楽曲まで雑多な要素が入って最高に楽しかった前作から約4年ぶりの4thアルバム。イントロを聴いた瞬間に「ほげ?」と驚いた"Someone to Love"は始まってみるとメロディの良さは相変わらずですが、結構湿度は高めで周回遅れの80'sリバイバルといった感じも。

基本的には彼らの得意な様々なタイプの曲を軽快に繰り出していく展開ですが、前作と比べると脊髄で反射的に反応できるメロディを持った曲が減っているのは気になるところ。それでも、「あぁ、もうダメかも」と思った瞬間に何もなかったようにカントリー風味の"Fire in The Canyon"や青さタップリの"The Better Be Good"、ノスタルジー全開の"I-95"などもあるので、なかなか侮れません。

前作のように、抜けるような青空を感じさせるアルバムではありませんが、やっぱりFountains of Wayneらしいアルバムではあります。そして、"Hotel Majestic"がどこかで聴いた気がするのに思い出せず、地団駄を踏む毎日です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年4月11日 (水曜日)

変なモノ2つ

絶賛来日中のBeckフォトダイアリーが面白い。4月10日は京都に行ったようで、龍安寺の石庭…よりも、訳の分からない絵馬が最高。日本人が見たら思わず笑ってしまうけど、Beckが見ても面白いもんなのかな。

そして、海上自衛隊のコマーシャル。いや、コマーシャルだからインパクトが必要ってのはよく分かる。よく分かるけど…これを見て入ってきた若者でいいのか?海上自衛隊よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火曜日)

サマソニ追加のベテランバンド

どうやら、Pet Shop BoysManic Street Preachersの模様。さらに、両者は同じ日に出る雰囲気。あくまでも正式発表は明日なので、一人でニヤニヤするくらいにしておいて下さい。

しかし、Manicsは5月にアルバムをリリースするし、何だかんだいいながら、サマソニは良いタイミングのバンドを呼んでくるなあ。舞洲に場所が変わって初めてってのがかなり不安だけど、やっぱり見に行きたくなってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月曜日)

サマソニの次の追加は…

クリマンのページ

サマーソニック第6弾アーティスト発表は4/11(水)の予定です。UKからサマソニ初登場のヴェテランアーティストが2組追加!お楽しみに!!

という書き込みがありました。

Pet Shop Boysのサイト

We will soon be announcing PSB shows in Milan and Cornwall and festival appearances in Switzerland and Japan. Also an interesting outdoor concert will be announced on Tuesday.

という書き込みがあったりするので、ひょっとしてPet Shop Boysはサマソニなのかも知れないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beck@Zepp Osaka

今日はZepp OsakaまでBeckのライブに行ってきました。詳細は追ってライブレポにまとめるとして、ひとまず速報ベースの感想を…

Museと比べると多少人口密度は低い気がしましたが、隙間がなく、しかも適度に動けるという好条件。開演予定時刻を15分くらい過ぎたところで、フロアの照明が落ちて、"Loser"のイントロと共にスクリーンにパペット(操り人形)が登場。そして、ワンコーラスが終わったところで、本人達が登場するというオープニング。

その後も、スクリーンにはメンバー本人達をほとんど映さずに、このパペットを映していました。ただ、顔が似ているのはもちろん口は動くし、ギターは弾くし、ドラムは叩くしと非常に細かい動きまでリアルタイムでメンバーのマネをしていて感心しました。そして、ステージ上のセットも再現しているあたりに、チームBeckのコダワリを垣間見た気がしました。

サウンドの指向としては2005年のフジロックを踏襲していて、ギターはエッジが立ち、ベースはドライブ感に溢れ、ツインドラムはグルーヴィーなリズムを刻んでいて、音が非常にシッカリとしていました。そんなパワフルな演奏+パペットに少し飽きが来た頃に、フジロックでもやった食器をパーカッションに見立てたディナーの演出。このBeckの尖った部分とユーモアを共存させた"Crap Hands"は面白くて、カッコ良かったです。アンコールでの"Where It's At"~"E-Pro"の盛り上がりも充分で大満足。

サウンドのコントラストを上げて、冗長さを抑えるアレンジを施した反面、Beckzillaの映像やクマさん大暴れの巻など、サウンド以外の仕掛けを増やし、五感をフルに刺激するまさにBeckミュージアムでした。唯一残念だったのは、"Sexx Laws"のスクラップアンドビルドがトゥーマッチだったくらいです。まあ、これもカッコ良かったんですけどね。

行こうかどうか悩んでいる人は迷わず見に行くことをオススメします。笑って、感心して、踊って、歌えるライブです。あー、楽しかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日曜日)

フジロック追加アーティスト

Fujirockers.orgによると今回の追加アーティストは以下のようです。

  • CHEMICAL BROTHERS
  • DJ CHERNOBYL
  • DAMIEN RICE
  • FEIST
  • フジファブリック
  • Gov't Mule
  • HELLOGOODBYE
  • HOT CLUB OF COWTOWN
  • LARRIKIN LOVE
  • LILY ALLEN
  • MONORAL
  • MUMM-RA
  • OCEAN COLOUR SCENE
  • PETER BJORN AND JOHN
  • SANDI THOM
  • V∞REDOMS

Ocean Colour Sceneは4月末にアルバムをリリースしますし、グリーンステージの夕方前くらいが似合いそう…だけど、今の状況を考えるともう少し前かホワイトになっちゃうのかなあ。

そして、やっぱりThe Chemical Brothers。こっちはアルバムリリースのタイミングを見た瞬間の予想的中です。来すぎの感は否めませんが、アルバムのでき次第では楽しみになってしまうかも…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フジロック第?回すっぱ抜き情報

本日、InterFMのRadio Up Nineでフジロックフェスティバル出演者のすっぱ抜き情報が放送されるようです。

と思ったら、関西地区でネットしていたFM CoCoLoは4月の番組改編でRadio Up Nineをやらなくなったらしい…まあ、多分Fujirockers.orgにも情報が出るだろうから、それに併せてこっちのページも適宜更新していきたいと思います。

そろそろヘッドライナーが発表されるという噂なので、楽しみだったり、不安だったりですね。ただ、Pet Shop BoysやらThe Chemical Brothersがヘッドライナーだったら、サマソニのArctic Monkeysと同じく賛否両論だろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土曜日)

Instead / Onetwo

Instead Orchestral Manoueuvres in The DarkPaul Humphreysと元PropagandaClaudia Brückenによる80年代のニューウェーブ~エレポップ周辺好きの心を微妙にくすぐるユニットのデビューアルバム。

Paul Humphreysは元々OMDのメインソングライターでないこともあって、全体的には若干Propagandaっぽさの方が勝っている感じ。但し、フェアライトを使ったオーケストラヒットのような特徴的なサウンドはなく、重さも深みも抑えられているという点では、OMDがアメリカでコマーシャル的に成功した時期のエッセンスを取り込んでいる印象です。

シングルとなった"Cloud Nine"ではDepeche ModeMartin L. Goreがギターで参加しているなど、一部の人々にとっては話題性満載ですが、暗さの中にポップ感と取っつきやすさを携えた"Sequential"や"Home (Tonight)"などの序盤は結構イケてますが、毒々しさが少ない分、後半に進むに連れてちょっと刺激不足。それでも、テクノでもダンスミュージックでもないエレポップな音を奏でているのはちょっと嬉しかったり…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のようなツアー(マニア向け)

Lowが6月に行う北アメリカツアーでWilcoをサポートすることを発表したようです。一方で、彼らはシアトルやポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどの西海岸のツアーを延期するとのこと。

Lowは3月に"Drums And Guns"をリリースしたばかりで、Wilcoは5月に"Blue Sky Blue"をリリースする予定なので、ツアーのタイミングもバッチリ。

無理を承知で言いますが、この二組を何とか日本に呼んでくれないものだろうか…フェス絡み以外では辛いんだろうなあ。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日酔い

昨日の夜は花見。会社が終わってから50人くらいが集まって、ウダウダしてました。一昨日まではかなり夜冷え込んでいましたが、昨日は予想していたよりも随分暖かくて、持っていったフリースもセーターも必要ありませんでした。

定時まで仕事をして待ち合わせ場所に行ったら、キムチ鍋ができていて、酒がズラリと並んだ簡易カウンターまでできてました。桜は満開にはやや足らず七分咲きといったところ。ただ、そんなことは関係なく、バカ話をしながら飲む酒は美味しいね。久々に話をした人もいて、楽しい時間を過ごせました。

ただ、隣にいた大学のサークルらしき団体の新歓花見はちょっと頂けない。3時間くらいずーっと手拍子しながら一気。最初は「若いっていいなあ」と思って見てたけど、そのうち「こんなのなら若くなくてもいいや」って思ったくらいにずっと一気。幹事はもう少しがんばれれ!そうそう、「次に花見するときには、練習帰りの女子ラクロス部の隣が良い」っていう意見は大賛成。

その後、軽く飲み。ここでもまたまたバカ話。って、5時間もバカ話しながら飲んでる僕らも隣にいたサークルと似たようなもんか…ということで激しく二日酔い中。

そんな中、ようやくこの政見放送を見ました。風貌の特異性と凡人の僕には冗談としか思えない主張も面白いですが、キッチリとオチを付けるところはイケてます。あと、"Power to The People"を歌う内田裕也の政見放送もなかなか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月 5日 (木曜日)

Pet Shop Boysが来るよ!

オフィシャルサイトのTour Newsから

We will soon be announcing PSB shows in Milan and Cornwall and festival appearances in Switzerland and Japan.

という訳で、夏フェスシーズンでの来日が決定しているようです。7月か8月か書いてないから、フジかサマソニかは分かりませんが何となくフジのような気がする。

2002年のフジのアクトは思いの外楽しかったので、実は待ちわびてたり…しかし、もしフジだったら、The CurePet Shop Boysかあ。タイムスリップした感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水曜日)

分かるけどね

金払ってでも早めたいらしい。

ノエルはまた、9月に誕生予定の赤ちゃんをリアムと同じ星座の生まれにしないため、「金を払ってでも出産を早めたい」とも話したという。

星座がどうのこうの以前に、リアムは君の子供の叔父だぜ。まあ、それを解消するよりは、違う星座にする方がカンタンといえばカンタンかな。

しかし、叔父がリアムってのはちょっと嫌かも知れない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見

真冬に20度近くまで気温が上がったかと思ったら、桜が咲き始めたというのに冬のような寒さの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

夜になると更に冷え込む気候にもかかわらず、金曜日は会社の人達とお花見です。メーリングリストで「お花見やるよ~」ってメールを出したら、50人集まったらしいです。仕事が終わってからバーベキューするとか言ってたけど、焼く人は完全に屋台職人になってしまいそうな予感。

人数が多いだけに場所取りも問題です。一応、今日の午後からの対策ミーティングで数名が午後から休みを取って臨戦態勢に入ることになったらしい。ただ、「マスオさんの会社の若者は朝から場所取りしてたで」って言ったら、一人は朝から休むことに…それでいいのか、うちの会社?

しかし、今日みたいに寒かったら花見どころじゃなさそうだな。早めに抜けて、近所の店で二次会ってのが良さそうだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月曜日)

エイプリルフール?

EMI、全楽曲を「DRMなし」に

この記事を見たとき、時期が時期だけに信じられなかったけど、どうやら本当のようですね。EMIは当初からCDに積極的にコピーコントロールをかけたりもしていましたが、ここへ来て大きな方向転換です。

二番手グループのEMIが、「ルールを変える」ことで一気の逆転を狙い、マーケットリーダーであるアップルと巧い具合に手を組むのが良いという判断は今後のビジネスを考えると大筋では間違ってないような気はしますが、果たして結果はどうなるでしょう。

アップルもEUでの「iTunes StoreでiPod以外で聴ける音楽も売らんかい」法案からの風当たりが少し弱まるし、良い感じのWin-Win関係ができたってことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日曜日)

宿確保

兼ねてから、というか毎年懸案のフジロック宿問題。湯沢地区ではありますが、何とか宿を確保完了。IQIを通して取るよりもかなり割安で取れたようで、ちょっと嬉しい。疲れて戻って来た後に、温泉に入れるってのもポイント高いです。

次の問題は駐車場。場内2くらいまでなら良いけど、田代だったりしたら半泣きだ。でも、これが分かるのは7月上旬だから、次の手は打ちづらい。フジロックはこの辺が面倒だ。

rockin' onの今月号に載っていたスマッシュ日高社長とクリマン清水代表のインタビューは結構面白かったです。フェスティバルとしてはフジの方が好きだけど、インタビューに関しては清水さんの方が好感度あったな。まあ、単にぶちまけすぎってだけかも知れないが…

一番驚いたのは、サマソニがMy Bloody Valentineにオファーを出したってこと!もちろん、ダメだったようだけど、オファー出したってのがスゴイよ。万が一、来たりしたらとんでもないことになっただろうな。この辺の大胆な玉砕精神が(例年の)サマソニの魅力的なブッキングにつながってるんだろう。大好きなDepeche Modeを呼べるのはThe Cureを呼んだフジかと思ったけど、ひょっとしたらサマソニかもと本気で思ってきました。

あと、大阪会場について気になる話が…

インドアのスペースはほとんどないんですよ。もうすべてアウトドア。だから、こっちで言ったら、お台場の広ーい空間に色んなステージを作っちゃうような感覚

(インドアステージは)ひとつだけある。ひとつだけ体育館があるんですよ。今考えてるのはそこをソニック・ステージに。なおかつ、テントの中をテニスコートにしたようなスペースもあるんで、そこがダンスステージになるかなと。

ということで、海からの照り返しがキツイロケーションで、メインの2つのステージは野外のようです。これまで、暑けりゃインテックスに避難できていただけに、これは結構厳しそう。それに、東京でのフジロックの時、暑さが相当きつかった記憶があるしね。まあ、場所がこんなところだから、どうしようもないんだろうけど。

2000年の第1回のときみたいに、オペレーション面は結構不安だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »