« 夢のようなツアー(マニア向け) | トップページ | フジロック第?回すっぱ抜き情報 »

2007年4月 7日 (土曜日)

Instead / Onetwo

Instead Orchestral Manoueuvres in The DarkPaul Humphreysと元PropagandaClaudia Brückenによる80年代のニューウェーブ~エレポップ周辺好きの心を微妙にくすぐるユニットのデビューアルバム。

Paul Humphreysは元々OMDのメインソングライターでないこともあって、全体的には若干Propagandaっぽさの方が勝っている感じ。但し、フェアライトを使ったオーケストラヒットのような特徴的なサウンドはなく、重さも深みも抑えられているという点では、OMDがアメリカでコマーシャル的に成功した時期のエッセンスを取り込んでいる印象です。

シングルとなった"Cloud Nine"ではDepeche ModeMartin L. Goreがギターで参加しているなど、一部の人々にとっては話題性満載ですが、暗さの中にポップ感と取っつきやすさを携えた"Sequential"や"Home (Tonight)"などの序盤は結構イケてますが、毒々しさが少ない分、後半に進むに連れてちょっと刺激不足。それでも、テクノでもダンスミュージックでもないエレポップな音を奏でているのはちょっと嬉しかったり…

|

« 夢のようなツアー(マニア向け) | トップページ | フジロック第?回すっぱ抜き情報 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/14593841

この記事へのトラックバック一覧です: Instead / Onetwo:

« 夢のようなツアー(マニア向け) | トップページ | フジロック第?回すっぱ抜き情報 »