« 完熟マンゴープリン | トップページ | Heart Tuned to D.E.A.D. / Switches »

2007年5月20日 (日曜日)

Sky Blue Sky / Wilco

Skybluesky 約3年ぶりの6枚目のスタジオアルバムは、前2作で見られた音響的アプローチは影を潜め、一歩退いて演奏していたバックサウンドが前に出てきて、以前の生気が復活。とは言っても、単に過去に通った道に戻った訳ではなく、インプロビゼーションを通して昂揚感を創生する楽曲など、非表面的な部分で"Yankee Hotel Foxtrot"以降を随所に感じさせる内容に仕上がっています。

但し、実験的なサウンドプロダクションの向こう側にも常に存在していた直感的な親しみやすいメロディは弱め。そして、ブルースっぽい手法といった泥臭さを感じさせる要素を取り入れているいるにもかかわらず、楽曲として見ると繊細な雰囲気で、アルバム全体を通して聞くと、非常に美しい。

多少逆説的ではありますが、凝ったサウンドプロダクションが席巻するシーンの中で、思い切って生々しい音を中心に据えるのも実験的なアプローチ。イノベーションやフロンティアという派手な言葉こそ似合いませんが、こうしてシーンから独立して、自律的に「実験的な」流れを生み出せるバンドの存在は嬉しい限りです。

数多くの佳作が収録されていますが、特にラストの"On And On And On"の美しさが秀逸で、何度聴いても胸にグッと響いてきます。ライブ見たい。

|

« 完熟マンゴープリン | トップページ | Heart Tuned to D.E.A.D. / Switches »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/15139672

この記事へのトラックバック一覧です: Sky Blue Sky / Wilco:

« 完熟マンゴープリン | トップページ | Heart Tuned to D.E.A.D. / Switches »