« 今週の3枚 | トップページ | 残念賞 »

2007年6月 8日 (金曜日)

Colour It In / The Macabees

Colouritinもはや説明不要のStephen StreetDovesDepeche ModeElbowらの作品を手がけたBen HillierDel AmitriのギタリストIain Harvieの3人をプロデューサに迎えたロンドン出身の5ピースのデビューアルバム。

Switches
The Pigeon Detectivesなど、先の不安を感じさせながらも、曲は楽しいという刹那的快楽主義の作品に耳が慣れつつあっただけに、微妙にヒネられたギターロックは予想外に新鮮。

とは言っても、The ViewThe Hollowaysのようにメロディや構成を強烈にヒネリつつ、落としどころはポップ路線のど真ん中というのではなく、メロディ自体はポップさを保ちながら、所々で斜に構えるという反抗期の中学生のようなヒネリ方。

周回遅れの80年代ポストニューウェーブや冷たいギターを使ったロック、真っ当なギターポップと、メジャーコードとマイナーコードの間をユラユラ行き来するサウンドは嫌いじゃないけれど、微妙な既聴感のある内容はニューカマーの集団から鋭く抜け出すというところまでは行ってない気も…

|

« 今週の3枚 | トップページ | 残念賞 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/15362194

この記事へのトラックバック一覧です: Colour It In / The Macabees:

« 今週の3枚 | トップページ | 残念賞 »