« 24シーズン6レンタル開始日決定 | トップページ | 今週の3枚 »

2007年6月 4日 (月曜日)

Wait for Me / The Pigeon Detectives

Waitforme Kaiser Chiefsらの作品を手がけた(ことになっている)Will Jacksonプロデュースによるリーズ出身の5ピースバンドの1stアルバム。The ViewThe HollowaysThe FratellisMystery Jetsのように一癖ある変化球も、Arctic Monkeysのような唸るような剛速球もなく、適度なスピード感とキレを持った笑ってしまうほど真っ直ぐなロック。

ピュアというのとは違って、王道を胸を張りつつノーガードで進んでくる様子はある意味で頼もしさも感じます。ひょっとしてバカ?それとも天才?あるいは、等身大で若さを表現したら、思いもよらずポジティブな結果に繋がったのか?何となく最後のが正しいような気がするな。

最初聴いたときは「身も蓋もないポップロックだなあ」と思ったものの、適度に既聴感のあるメロディは何度か聴くに連れて心地良くなり、「これはこれでアリだな」という感想に変わりました。Switchesもそうでしたが、難癖付けたくなる部分はたくさんあるのに、この音楽自体は許せてしまうってのが最近のトレンドなのかな?

|

« 24シーズン6レンタル開始日決定 | トップページ | 今週の3枚 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/15317433

この記事へのトラックバック一覧です: Wait for Me / The Pigeon Detectives:

« 24シーズン6レンタル開始日決定 | トップページ | 今週の3枚 »