« 夏フェス分析(2007年度編) | トップページ | サマソニ大阪ステージマップ »

2007年7月11日 (水曜日)

Tanz Walzer / くるり

Tanzwalzer ウイーン録音による約1年半ぶりの7thアルバム。クラシックからインスピレーションを受けたと思われる要素もありますが、最初に聴いたときに頭に浮かんだキーワードは解放。「あるべき論」を投げ捨てて、「ありたい論」を優先したサウンドは吹っ切れたとまでは行かないものの自由奔放。

以前もスコットランド民謡のような曲がありましたが、どちらかと言えばちょっとした遊びのような位置づけ。ところが、ソリッドなストリングスとギターが交錯し、そこに関西弁っぽいイントネーションの歌が重ねられる"Anarchy in The Musik"や昭和初期の歌謡曲のような雰囲気を緻密に再現した"Cafe Hawelka"などの「本気の遊び」には驚きました。

その一方で、ステレオタイプの「くるりっぽい」脱力系ロック~ポップスにも磨きをかけ、メロディとアレンジの深みと豊かさが増していて、ここへ来ての本流と支流それぞれのパワーアップは頼もしい限りです。

|

« 夏フェス分析(2007年度編) | トップページ | サマソニ大阪ステージマップ »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/15719718

この記事へのトラックバック一覧です: Tanz Walzer / くるり:

« 夏フェス分析(2007年度編) | トップページ | サマソニ大阪ステージマップ »