« 日常の中に潜む音楽 (Jarvis Cocker at Green Stage on 1st Day) | トップページ | 継続は力なり (Ocean Colour Scene at Red Marquee on 1st Day) »

2007年8月 4日 (土曜日)

研ぎ澄まされたロックンロール (Kings of Leon at Green Stage on 1st Day)

Pict4799 Jarvis Cocker終了後、Mumm-Raを見ようとレッドマーキー方面に行ったものの、お腹が空いたのでクインシーバでジャンボチキンの赤カリーを注文。木陰で座って食べている内にMumm-Raが始まったので、そのまま座って聴いていたのですが、イマイチ面白くなかったので、そのまま飲み物を探しにオアシスエリアを散策。ライブを飲み食いが凌駕するフジロック恐るべし。

そして、グリーンへ戻ってKings of Leon。彼らのライブを見るのは2003年のサマソニ以来です。あのときは、むさ苦しい外見のメンバーが腰上でギターを構えて、泥臭いロックを演奏してたなあ。あ、そうだ!隣で結構いい歳したオジサンがエアギターして盛り上がってたんだったよ。

そして、時は流れて2007年。まず、メンバー登場時の別人っぷりに驚き。まあ、確かにアルバムの音も洗練されてたし、そんな予感はあったんだけど、あのダサぶりは一体何だったんだ?

最近のアルバムはオルタナティブっぽさも感じられますが、ライブはムダを削ぎ落としたロックンロール。下っ腹にズシズシ響いてくる演奏に、無骨だけど表現力の豊かなボーカルが絡まる彼らのサウンドは、「洗練されたロック」というよりも、泥臭さを残しつつも「研ぎ澄まされたロックンロール」と言う方がピッタリ。

流れのメリハリの付け方も巧く、パフォーマンスも堂々としていて、Jarvis Cockerで緩くなり、ステージセットに太陽が隠れようとするメランコリックな時間帯に活を入れてました。グラマラスさが多少弱いので、2006年のJetの枠よりも、この時間帯の方が似合ってた気がしました。

セットリスト

  1. Four Kicks
  2. Black Thumbnail
  3. Taper Jean Girl
  4. King Of The Rodeo
  5. My Party
  6. Fans
  7. Molly's Chambers
  8. The Bucket
  9. Milk
  10. On Call
  11. Razz
  12. Spiral Staircase
  13. Charmer
  14. McFearless
  15. Knocked Up
  16. Slow Night, So Long
  17. Trani

|

« 日常の中に潜む音楽 (Jarvis Cocker at Green Stage on 1st Day) | トップページ | 継続は力なり (Ocean Colour Scene at Red Marquee on 1st Day) »

Fuji Rock Festival 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/16000929

この記事へのトラックバック一覧です: 研ぎ澄まされたロックンロール (Kings of Leon at Green Stage on 1st Day):

« 日常の中に潜む音楽 (Jarvis Cocker at Green Stage on 1st Day) | トップページ | 継続は力なり (Ocean Colour Scene at Red Marquee on 1st Day) »