« If Symptoms Persist Kill Your Doctor / Six. by Seven | トップページ | ZO-3を買おう »

2007年8月24日 (金曜日)

Messages / To My Boy

Messages Shitdiscoを手がけたLuke Smithと最早説明不要のJames Fordをプロデューサに迎えたリバプールのデュオのデビューアルバム。サウンド的には80年代風のシンセサイザーやドラムマシーンを前面に押し出したエレクトロパンク~ポップという感じで、その開き直り具合はナカナカ見事。

ところが、昔のエレクトロポップの多くが、シンセサイザーという楽器の単なるエイリアスに過ぎず、これといったコアを持たないバブルガム的なミュージックだったのに対して、To My Boyのサウンドは外見はこれでもかという位にチャラチャラしながらも、楽曲自身は堅実でシッカリとした仕上がり。

個人的にはコトバばかりが先走りした「ニューレイブ」よりも、こっちの論理付けが不要なバカバカパーティーポップソングの方がずっと楽しいです。聴いても踊っても楽しめる完成度の高いポップミュージック。オススメです。

|

« If Symptoms Persist Kill Your Doctor / Six. by Seven | トップページ | ZO-3を買おう »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/16227672

この記事へのトラックバック一覧です: Messages / To My Boy:

« If Symptoms Persist Kill Your Doctor / Six. by Seven | トップページ | ZO-3を買おう »