« 数千人の幸福系ユニゾン (The Polyphonic Spree at Sonic Stage on 1st Day) | トップページ | 裏ベストアクト…かも (Hot Chip at Dance Stage on 1st Day) »

2007年8月16日 (木曜日)

Teenager / The Thrills

Teenager Dave Sardyから再びTony Hofferにプロデューサを変更した約3年ぶりの3rdアルバム。という訳で、前作のクロージングトラックで「おっ!」と思わせたスケール感タップリの方向性はなかったことにされ、再度ストレートに「夏」を感じさせる内容。但し、これまでのような全ての予定(=妄想)が失敗に終わって落ち込み気味の晩夏ではなく、根拠のない期待に胸躍る7月上旬といった雰囲気。

特に、"The Midnight Choir"や"Restaurant"に見られる高音のギターのカッティングがやや甘めのメロディの湿気を巧く取る働きをしていて、「夏休み終了10日前の恨み節」からの脱出に成功。アルバムジャケットもエライことになっているし、遂にひと夏の経験完了なのか!?

などと一瞬思ったものの、全体を通して聴くとやっぱり青っぽく、甘酸っぱいメロディ全開。今までとは多少テイストは違うものの、イケてない夏を歌わせるとこの人達の右に出るバンドはいなさそうです。

Tubeでもサザンでもない、ごくごく普通の夏のスナップショット。客観的な評価をできなくする胸に染み入るメロディに乾杯。

|

« 数千人の幸福系ユニゾン (The Polyphonic Spree at Sonic Stage on 1st Day) | トップページ | 裏ベストアクト…かも (Hot Chip at Dance Stage on 1st Day) »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/16139963

この記事へのトラックバック一覧です: Teenager / The Thrills:

« 数千人の幸福系ユニゾン (The Polyphonic Spree at Sonic Stage on 1st Day) | トップページ | 裏ベストアクト…かも (Hot Chip at Dance Stage on 1st Day) »