« 流行語大賞 | トップページ | Underworldタイムテーブル »

2007年11月17日 (土曜日)

Balance / Paperlung

The Boo RadleysのボーカリストSiceが結成したバンドの1stアルバム。The Boo Radleysはほとんどの曲をMartin Carrが手がけていたので、Siceのソングライティング力は未知数だったのですが、意外にシッカリとした曲を書いています。

極彩色の傑作アルバム"Kingsize"リリース直後のバンド解散後にMartin Carrが始めたユニットBrave Captainはエクスペリメンタルな側面を強めながらアンダーグラウンドに潜ってしまいましたが、この作品は人肌の温かさを持ったニュートラルな内容。

既にThe Boo Radleysの神通力が残っているとは思えないだけに、ゼロスタートとなる作品としては正直インパクトには欠けますが、適度に澄んだボーカルとアコースティックギター中心の楽曲の食い合わせはすんなり耳に馴染んできて、「あの人は今」的な作品とは一線を画しています。結構新鮮。

Martin CarrBrave Captain名義での活動を停止すると発表したことだし、二人で集まってまた何かやってくれないもんかなあ。

Amazon
Balance

|

« 流行語大賞 | トップページ | Underworldタイムテーブル »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/17096250

この記事へのトラックバック一覧です: Balance / Paperlung:

« 流行語大賞 | トップページ | Underworldタイムテーブル »