« さざなみCD / スピッツ | トップページ | Super Furry Animals@心斎橋クラブクアトロ (2007/11/7) »

2007年11月 6日 (火曜日)

"In Rainbow"の平均ダウンロード価格

先月、Radioheadがダウンロード先行でリリースした"In Rainbow"の平均ダウンロード価格がIT Mediaに載っていました。

「価格はあなた次第」のレディオヘッド新作、幾らで売れた?

この記事の元になった調査によると、

10月1~29日の間にIN RAINBOWSのサイトにアクセスした人は全世界で120万人。そのうちかなりの割合がアルバムをダウンロードしたという。ダウンロードした人のうち、お金を払ったのは約40%だった。

とのことです。

つまり、60%がタダでダウンロードしたということで、この記事の中でベンチャーキャピタルのおっちゃんは

音楽購入者の大半は、デジタル音楽は無料であるべきで、お金を払う価値がないと思っていることがこの調査で示されている。無視できない数であり、無料ダウンローダーに対応した新しいビジネスモデルを考える時が来た。

と言ってます。

僕も最初、60%がお金を支払ってないというのに驚きましたが、問題は「前作まで買っていて、新作にお金を払わなかった」人がどの程度いるかってとこなので、この記事の数字はあまり意味がないような気がします。

根拠がある訳じゃないですが、実は前作まで買っていた人は、ちゃんと(それなりの)お金を出して買っていて、お金を出していない人は初めてRadioheadのアルバムを聴くような人じゃないのかなあという気がします。

そうだとすれば、ちょっと大盤振る舞いのMySpaceみたいなもんで、IT Mediaみたいな非音楽系のニュースサイトで取り上げてもらうことによるプロモーション効果も見込めるのかなという気さえ。逆に、Radioheadあたりまでビッグネームになると、音楽系メディアに載るよりも、非音楽系メディアで露出した方が、これまでリーチできなかった潜在顧客に手が届く訳ですし…

この辺をちゃんと調査したら、論文を一件書けそうだなあ。どっかでやってないかな。

|

« さざなみCD / スピッツ | トップページ | Super Furry Animals@心斎橋クラブクアトロ (2007/11/7) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

僕もボックスセットだから金額は悩みませんでしたが、ダウンロードの値段、結構悩むでしょうね。

イギリスでは普通のCDの価格に近いお金を払ってる人も多かったとか。あと、先のアメリカの調査と比べると、無料ダウンロードをした人は少なかったみたいです。

Radioheadのスポークスマンはアメリカの調査を「全くの誤り」と言ってました。ただ、幾らで何枚売れたという情報は出していないようです。

確かに、中高生だとカード持ってないだろうから買いにくいですよね~そういう若者は店頭販売が決まって喜んでるかも知れませんね。

投稿: Jun | 2007年11月14日 (水曜日) 午後 08時16分

私はボックス購入にしましたけど、ダウンロードオンリーだったらいくらにするかかなり悩んだろうなーと思います。

ミクシのradiohead板で、「自分はカードを持ってないから買えない(泣)」という声に「0ポンドにすれば買えるよ」ってレスがついてたりしました。
確かに中高生はカード持ってないだろうし、60%のうち何パーセントかはそういうキッズたちだったのかも。うーん、内わけを知りたいところですね〜。

投稿: sasaki | 2007年11月12日 (月曜日) 午前 02時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/16997915

この記事へのトラックバック一覧です: "In Rainbow"の平均ダウンロード価格:

« さざなみCD / スピッツ | トップページ | Super Furry Animals@心斎橋クラブクアトロ (2007/11/7) »