« Yazoo再結成 | トップページ | 最近買ったアルバム »

2008年2月 2日 (土曜日)

Field Manual / Chris Walla

Fieldmanual Death Cab for Cutieのギタリストであり、サウンドプロダクションの司令塔であるChris Wallaの1stソロアルバムは、音の隙間を活かしたDeath Cab for Cutieのサウンドに比べると、ギタリストとしての主張がやや強め打ち出された印象があります。

例えば、"The Score"のリフではノイジーなギターを掻き鳴らして楽曲に推進力を与えていますし、"Geometry &C"では繊細なフレーズとシンプルで力強いフレーズを交え、曲全体の表情を豊かにしています。そうは言っても、楽曲本来の持ち味をスポイルするようなエゴは感じられず、あくまでも必要十分な範囲。

その分、ギターロック色が強い曲は巧くまとまった印象はあるものの、もう一つパンチ力に欠ける印象が拭えません。その一方で、美しさと強靱さを兼ね備えたバンドの音世界に近い曲の完成度は高く、ラスト2曲と日本盤のボーナストラックには引き込まれます。

そして、本当にそれで良いんだろうかと考えたとき、ちょっと違うような気がしてくる訳です。そんなことが引っかかって、佳作でありながら、ちょっぴりモヤモヤが残る作品。

|

« Yazoo再結成 | トップページ | 最近買ったアルバム »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/17931721

この記事へのトラックバック一覧です: Field Manual / Chris Walla:

« Yazoo再結成 | トップページ | 最近買ったアルバム »