« Hey Ma / James | トップページ | Summer Sonic'08 第6弾出演アーティスト発表 »

2008年4月21日 (月曜日)

Accelerate / R.E.M.

Accelerate 共同プロデューサにJacknife Leeを迎えた約3年半ぶりの14thアルバム。自分は彼らの活動初期からのリアルタイム世代でしたが、"Up"以降の枯れたサウンドしか聴いたことがなかったので、ギターがうねりまくったエネルギッシュな楽曲を中心とした内容にはビックリ。

とは言っても、アンチエイジングに励み、脂ぎったオヤジのイヤラシサが全開だったU2とは違い、現在の自分達の中で、本質的なアグレッシブさを表現しているため、「無理しました感」はゼロ。特に、彼ら.の場合は以前から枯れ気味の曲でも芯の強さがあったこともあり、近作との違いの大きさを表現ロジックの変化として摺り合わせに成功。

例えば、"Until The Day Is Done"のようなオフトーン気味の曲でも余分なメランコリーを一切排除し、他の曲同様にシンプルな仕上がりで、アルバム全体として意志の強さがハッキリと浮かび上がっています。

35分という長さに多少ボリューム的な物足りなさはありますが、スピード感だけをオーバードーズした薄っぺらさはなく、このシフトチェンジは一定の成果を上げたという印象です。

Amazon
Accelerate

|

« Hey Ma / James | トップページ | Summer Sonic'08 第6弾出演アーティスト発表 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

Very true! Makes a canhge to see someone spell it out like that. :)

投稿: Donte | 2013年1月 7日 (月曜日) 午後 03時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/40936410

この記事へのトラックバック一覧です: Accelerate / R.E.M.:

« Hey Ma / James | トップページ | Summer Sonic'08 第6弾出演アーティスト発表 »