« X Marks Destination / The Whip | トップページ | Accelerate / R.E.M. »

2008年4月20日 (日曜日)

Hey Ma / James

Heyma 前作発表後に脱退したTim Boothが復帰し、7年ぶりにリリースされた10thアルバム。前作は聴いた瞬間にJamesだと分かるサウンドではあるものの、物憂げで悲しそうな雰囲気の曲が多かったのですが、今作は悩みが吹っ飛んだようなカラフルなJames流ポップスが展開されています。

最初こそ遠慮気味に始まったものの、徐々に盛り上がっていく"Bubbles"を始め、アコースティックギターをバックにした気怠さがサビでスッと晴れていく"Hey Ma"、打ち込みっぽいリズムと運動量の変化の激しいメロディの対比が面白い"Waterfall"、ここぞと言うときに半拍ずれるギターリフが耳に残る"Oh My Heart"など、親しみやすいメロディとツボを抑えたアレンジのコンビネーションで完成度の高い楽曲が連発。

メロディの周辺に広く取ったスペースを様々な楽器群が埋めていく独自の手法も未だ色褪せておらず、それ程多くのパターンを持っている訳ではないにもかかわらず、この瑞々しさを維持しているのには恐れ入ります。伝説でも最先端でもありませんが、こういったタイプの音楽はやっぱり楽しいな (ジャケットは恐いけど)。

Amazon
Hey Ma

|

« X Marks Destination / The Whip | トップページ | Accelerate / R.E.M. »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/40925744

この記事へのトラックバック一覧です: Hey Ma / James:

« X Marks Destination / The Whip | トップページ | Accelerate / R.E.M. »