« Beat Pyramid / These New Puritans | トップページ | The Age of The Understatement / The Last Shadow Puppets »

2008年5月19日 (月曜日)

Couples / The Long Blondes

Couples デビューアルバムと同じくErol Alkanプロデュースによる約1年半ぶりの2ndアルバム。前作の自由奔放かつ天真爛漫な激烈ポップソングにツボを刺激されまくっていたので非常に楽しみにしていたんですが、最初聴いたときの印象は「何だか中途半端な内容だなあ」というもの。

目まぐるしく方向転換を続けながら全体として前進していく"Guilt"やキレの良いギターのカッティングによって複雑な展開をテンポ良くこなしていく"The Couples"は彼ら流のポップセンスが溢れていますが、全体としてはジャジャ馬娘的な路線は弱まっていて、1小節毎にメジャースケールとマイナースケールの間を行き来するような奇想天外な展開は少なめ。

メロディの下世話さがやや強めになっていて、それを打ち消すために透明度の高いボーカルをフィーチャーしたりもしているものの、今ひとつ効果的に機能しておらず、「仕掛け」の部分のみが目立っています。クロージングの"I'm Going to Hell"では重厚さとポップさを共存させ、心地良いクセを感じさせているだけに、そっち方面のセンスが枯渇した訳でもなさそう。

それならなおさら、その路線でもうちょっと粘って欲しいところ。ダメってほどではないですが、期待していただけに、何とも言えない肩透かしを喰らった感じです。

Amazon
Couples

|

« Beat Pyramid / These New Puritans | トップページ | The Age of The Understatement / The Last Shadow Puppets »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/41247593

この記事へのトラックバック一覧です: Couples / The Long Blondes:

« Beat Pyramid / These New Puritans | トップページ | The Age of The Understatement / The Last Shadow Puppets »