« FUJIROCKERS | トップページ | My Bloody Valentine@Green Stage on 25 July 2008 »

2008年8月 3日 (日曜日)

Kasabian@Green Stage on 25 July 2008

Dsc00819 Kasabianってサマソニのイメージが強いので、フジロックで見るってのにちょっと違和感がありましたが、アルバム"Empire"に収録されている曲のオリエンタルな曲調は苗場のグリーンステージが似合いそうな予感はありました。そして、彼らはそれを実証してくれました。

個人的に食事を取りにオアシスに向かう人や、オアシスから戻ってくる人が入り乱れるトリ前の時間帯が好きなのですが、そんな薄暗さが増してきた中、まずは挨拶代わりにズッシリ重たいリズムを放つ"Empire"を投下。疲れ気味の身体を徐々に目覚めさせるように、ゆっくりと身体を突き動かし、最後には身体を揺らし続けさせるサウンドがカッコイイ。

その後も、ロックの持つパワフルで汗臭い面と、ダンスミュージックが持つ快楽的な部分を織り交ぜながら、1stアルバムの曲もリアルタイムのKasabianの曲として表現。即効性と遅効性の両面を持つサウンドで複数の周期のグルーヴが地を這うようにグリーンステージに広がって行ったのが印象的。

新曲"Fire"やアルバム未収録の"Fast Fuse"などを織り交ぜる中、やっぱり一番盛り上がったのは"Club Foot"。それでも、以前よりもドッシリ構え、余裕を持って演奏する様には、複数のサウンドベクトルを手中に収めた大きな自信が感じられました。

デビュー直後は時流の上で巧くバランスを取っているような印象もあったけど、前作を経由して、骨太で必要な部分に筋肉が付いた良いバンドになったなあと実感。身体には筋肉じゃない別の種類の肉が付いてたみたいだけどね。

セットリスト

  1. Empire
  2. Sunrise Light Flies
  3. Cutt Off
  4. Processed Beats
  5. Fire
  6. Reason is Treason
  7. Me Plus One
  8. Shoot The Runner
  9. The Doberman
  10. Club Foot
  11. Stuntman
  12. L.S.F.
  13. Fast Fuse

|

« FUJIROCKERS | トップページ | My Bloody Valentine@Green Stage on 25 July 2008 »

Fuji Rock Festival 2008」カテゴリの記事

コメント

It is the happiest day of my life so far, when I am watching these} funny video clips here, since after full day working I was so tired and now feeling sound.

投稿: Cabas Vanessa Bruno | 2015年4月14日 (火曜日) 午前 03時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/42048114

この記事へのトラックバック一覧です: Kasabian@Green Stage on 25 July 2008:

« FUJIROCKERS | トップページ | My Bloody Valentine@Green Stage on 25 July 2008 »