« Melee@Green Stage on 27 July 2008 | トップページ | Jason Mraz@Green Stage on 27 July 2008 »

2008年8月17日 (日曜日)

Los Campesinos!@Ocean Stage 10 August 2008

息をするだけでも汗が噴き出してくる2日目の一発目はウェールズの大所帯バンドLos Campesinos!。貧弱な身体で上半身裸のドラムスの兄ちゃん、ボーカルスタイルとは正反対のシャイなMCの兄ちゃん、紫外線に弱く、幸薄そうなキーボードの姉ちゃん、クールビューティーなベースの姉ちゃん、1人別世界にいるようにワンピースでバイオリンを弾く姉ちゃんと、音と同じく個性豊かなメンバー。

ライブは基本的にはCDと同じ。とっても、淡々とCDのまま演奏しているからではなく、CDが既にライブのようなハイテンションで演奏しているから。もちろん、どっちに動き出すか分からない暴れ馬のようなメロディを素人っぽさの残る演奏で御すのもCD通りで、これが得してるか損してるかというのは微妙なところです。

ただ、感心したのはバイオリンの使い方。ここまでドポップでパンキッシュなアレンジをしていると、バイオリンが浮いてしまいそうなものなのに、通常はギターが弾くようなフレーズをバイオリンで弾くことによって、違和感がないだけではなく、ちょっぴり品の良さまで付け加えています。

それと殺人的にキャッチーなメロディもフェスティバル形式でのライブでは大きな武器で、全く知らない人の歩みを止めるだけでなく、踊らせてしまう即効性は威力充分。楽しそうに弾くバイオリン、水を飲みまくり、シロフォンを叩きながら奮闘するボーカルなど、良い意味でのプロフェッショナル性の欠如もパフォーマンスに対してプラスに作用していました。

でもって、2月にデビューアルバムをリリースしているのに、10月にはニューアルバムをリリースするという脅威のハイペースの活動ぶり。アイデアを完全なカタチで固めるのではなく、ある程度遊びを持たせてテンポよくリリースするという形態は、このバンドに一番合っているのかも知れません。

あ、書き忘れましたが、僕はクールビューティーなベースの姉ちゃんが一番好きです(笑)

セットリスト

  1. Broken Heartbeats Sound Like Breakbeats
  2. Don't Tell Me to Do The Math(s)
  3. Death to Los Campesinos!
  4. This Is How You Spell, "HAHAHA, We Destroyed the Hopes and Dreams of a Generation of Faux-Romantics"
  5. The International Tweexcore Underground
  6. My Year in Lists
  7. You! Me! Dancing!
  8. Sweet Dreams, Sweet Cheeks

|

« Melee@Green Stage on 27 July 2008 | トップページ | Jason Mraz@Green Stage on 27 July 2008 »

Summer Sonic 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/42190136

この記事へのトラックバック一覧です: Los Campesinos!@Ocean Stage 10 August 2008:

« Melee@Green Stage on 27 July 2008 | トップページ | Jason Mraz@Green Stage on 27 July 2008 »