« Mutemath@Sonic Stage on 9 August 2008 | トップページ | Spiritualized@Sonic Stage on 9 August 2008 »

2008年8月15日 (金曜日)

Super Furry Animals@Sonic Stage on 9 August 2008

2005年単独公演、2006年フジロックフェスティバル、2007年単独公演と毎年彼らのライブは見ている訳ですが、より幅広い層に見てもらえそうなサマーソニックに出演が決まって喜んでいました。そして、実際、ソニックステージにはBiffy ClyroAgainst Me!には申し訳ないくらい多くの人が集結していて、始まる前から嬉しくなっていました。

ライブ自体は今までに見たSuper Furry Animalsとしては平均的なものですが、全体に暖かさが滲んでいて、アーティスト側もオーディエンス側も充分に楽しんでいるのが伝わって来るものでした。

"Slow Life"のテープ音に乗ってヘルメットを被ったGruffが登場すると場内からは大歓声がおき、続くアッパーな"Rings Around The World"や"The Gateway Song"で充分な程に会場を温めた後、「わぉーん」の叫び声と共に"Golden Retriever"。Super Furry Animalsらしい、踊れる音、ロックな音、ポップな音、おバカな面が次々繰り出されて、思わずほくそ笑む瞬間の連発。

その後も、「全員がこれをやらなければならない」とオーディエンスに手のムニョムニョポーズを強要する「(未だに)新曲」を挟みつつ、1時間というキャリアの長さと比較すると短めの時間の中で代表曲を連発。また、捻った曲を据えた中盤を過ぎると、珠玉のバラード"Juxtaposed with U"からスローで暖かな"Hello Sunshine"をいったん緩める余裕の展開で、完全に会場を掌握しているといった雰囲気。

そして、ラストはお馴染みの"The Man Don't Give A Fuck"を含む初期の曲3連発で緩く、激しく、名残惜しくフィナーレ。「フジロックでやったスクリーンに1日の流れを映し出す映像がないのが残念」という気もしましたが、"Keep The Cosmic Trigger Happy"の笑顔が絶えない幸福感も捨てがたく、ソニックステージを埋めた多くの人がリズムに合わせて身体を揺らしているのを見て、ちょっとジーンと来ました。今年のサマソニで一番楽しく、暖かく、幸せな気持ちになったライブでした。

次は新譜を出して、また新しく、奇抜なアイデアを散りばめたライブを見せて欲しいです。

セットリスト

  1. Slow Life
  2. Rings Around The World
  3. The Gateway Song
  4. Run-Away
  5. Golden Retriever
  6. Neo Consumer
  7. Zoom!
  8. Receptacle for The Respectable
  9. Into The Night
  10. Juxtapozed with U
  11. Hello Sunshine
  12. If You Don't Want Me to Destroy You
  13. The Man Don't Give a Fuck
  14. Keep The Cosmic Trigger Happy

|

« Mutemath@Sonic Stage on 9 August 2008 | トップページ | Spiritualized@Sonic Stage on 9 August 2008 »

Summer Sonic 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/42172589

この記事へのトラックバック一覧です: Super Furry Animals@Sonic Stage on 9 August 2008:

« Mutemath@Sonic Stage on 9 August 2008 | トップページ | Spiritualized@Sonic Stage on 9 August 2008 »