« MGMT来日決定 | トップページ | Neon Neon@Red Marquee on 27 July 2008 »

2008年9月 6日 (土曜日)

Forth / The Verve

Forth 再結成後初となる約11年ぶりの4thアルバム。全体的にダークな一方で、息の詰まるような重苦しさはなし。但し、前作のように個々の曲が持つ鮮烈さは弱めで、個の積み重ねではなく、アルバム全体の流れで世界観を構築するタイプの作品です。

サウンドテキスチャは"Urban Hymns"時代との違いが大きく、前作ではメロディを充分に作り込んだ上でザックリとしたアレンジを加えていたのに対して、今作はザックリしたメロディにきめ細かなアレンジが加えられているため、ツルッとした感触。その結果、シングアロングできるアンセムは少なく、演奏の中からグルーヴが滲み出てくるような楽曲が多くなったように感じられます。

11年前から時計は動き出しましたが、ここにはその空白の時間を埋めるような音はありませんし、多分彼らが活動を続けていたときに到達したであろう音も入っていません。それでも、この作品には確かに現時点での彼らの音が詰まっていて、「さあ、どう評価するんだ?」という問いを突きつけられているような感じがしてきます。

|

« MGMT来日決定 | トップページ | Neon Neon@Red Marquee on 27 July 2008 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/42398134

この記事へのトラックバック一覧です: Forth / The Verve:

« MGMT来日決定 | トップページ | Neon Neon@Red Marquee on 27 July 2008 »