« 来年はライブラッシュ | トップページ | Oasis来日決定! »

2008年11月17日 (月曜日)

4:13 Dream / The Cure

413dream 約4年ぶりとなる13thアルバムは、近作に見られた何とも言えない重苦しさは緩和されていて、時折商業的に成功を収めていた頃に近いサウンドも入っていて、筋金入りファン以外のライトリスナーにも聴きやすい内容に仕上がっています。

"The Head on The Door"や"Wish"の頃を彷彿とさせるサウンドに胸がキュンとする"The Only Love"、微妙な明るさと軽さが独特の"The Reasons Why"、ナチュラルなギターを前面に押し出した"The Hungry Ghost"、一筋縄では行かない疾走感を持つ"Switch"や底知れぬしなやかなグルーヴを持つ"It's Over"など、個々の曲の印象もナカナカ。

中学~高校時代に80年代ニューウェーブの洗礼を受けた身としては、Depeche ModeNew OrderEcho & The BunnymenThe Cureあたりは崇拝対象な訳ですが、これまで一番のめり込んでいなかったThe Cureが去年のフジロックフェスティバル以来、一番近い存在になるという不思議な状態。特に、徐々に当時の先鋭さやカリスマ性を失っていくバンドが多い中、30年間を一気に俯瞰し、その時々で充分過ぎる存在感を発揮していたことを思い出させてくれた内容に改めて驚き。

独特の「重さ」が足りないところに不満な人が多い気もしますが、25年近く彼らの音に付き合ってきても、あの重さが苦手な僕にはちょうど良い感じです。

|

« 来年はライブラッシュ | トップページ | Oasis来日決定! »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/43146518

この記事へのトラックバック一覧です: 4:13 Dream / The Cure:

« 来年はライブラッシュ | トップページ | Oasis来日決定! »