« Fleet Foxes / Fleet Foxes | トップページ | 2008年ベストライブ »

2008年12月30日 (火曜日)

Dear Science / TV on The Radio

Dearscience The WalkmenFleet Foxesに続いて年末になって今さら買ってみました第3弾。ブルックリン出身の5ピースバンドの約2年ぶりとなる3rdアルバムは、Fleet Foxesと同様に、個人やメディアから賞賛され、様々な音楽誌軒から並み年間ベストにチョイスされる人気ぶり。

黒人4人、白人1人という構成にもかかわらず、ソウルっぽさだけを前面に押し出している訳でも、強烈なビートや偏執狂的なリズムでダンサンブルな面を強調している訳でもなく、ファンキーな面を匂わせながらも全体的にはニュートラルな仕上がりで、その中に時折クールなトライバルさを感じさせる仕上がり。

「濃い音」という個人的な思い込みがあった分、少々肩透かし気味でしたが、それまでの色を瞬時に払拭する美しさを持った"Family Tree"以降の流れは素晴らしく、よりソウルフルに、ファンキーに、ダンサンブルになったサウンドは饒舌で表情も豊か。

イマイチこの手の分野が得意ではないのですが、Scritti Polittiの"Cupid & Psyche '85"を聴いたときの感覚に近いものがあるだけに、これからドンドン良さが分かって来るのかも知れません。

|

« Fleet Foxes / Fleet Foxes | トップページ | 2008年ベストライブ »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/43573498

この記事へのトラックバック一覧です: Dear Science / TV on The Radio:

« Fleet Foxes / Fleet Foxes | トップページ | 2008年ベストライブ »