« U2のニューアルバム発売決定 | トップページ | You & Me / The Walkmen »

2008年12月20日 (土曜日)

ケセラ / 中山うり

Quesera 美容師兼ミュージシャンという不思議な肩書きを持つ中山うりの1stフルアルバム(3rdアルバム?)。今年のフジロックフェスティバルで演奏した曲が含まれていて、ノスタルジックな曲調と相まって、クソ暑かった夏の日がフラッシュバック。

音楽的には歌謡曲からフォークやジャズ、時間的には過去から現在、空間的には広い野原からビルの建ち並ぶ都会まで、様々なシーンを巧みにオーバーラップさせたサウンドにはビビッドな色遣いはないけれど、その中間色のグラデーションの美しさにハッとさせられます。

くぐもった特徴的なボーカルは聴き返す度に耳に馴染んできて、「ひょっとしたら天使の声ってこんな声かも知れないな」とさえ思えるほど。そのくせ、楽曲にも歌にも一本キッチリとした筋が通っていて、凜としたイメージも充分。

忙しすぎる時間の流れに翻弄されているときに聴くと、「自分時間」の刻み方を思い出させてくれるスローミュージック。実際の時間の流れを変えてしまうようなエネルギーはないものの、時間の流れの考え方を変えさせてくれる音楽。

|

« U2のニューアルバム発売決定 | トップページ | You & Me / The Walkmen »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/43469059

この記事へのトラックバック一覧です: ケセラ / 中山うり:

« U2のニューアルバム発売決定 | トップページ | You & Me / The Walkmen »