« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土曜日)

Coachella 2009

今年のCoachellaのメンツが発表されました。

初日はPaul McCartneyがヘッドライナーで、MorrisseyFranz Ferdinandの名前が上位にあります。2日目はThe Killersがヘッドライナー。TV on The RadioやらFleet FoxSuperchunkらの名前も。3日目はThe Cureがヘッドライナーで、My Bloody ValentineYeah Yeah Yeahs

Morrisseyってアメリカでもこんなポジションなんですね。ビミョーに驚き。個人的には例年よりもちょいとワクワク度は低めかな。ただ、3日目はとっても濃そう。Karen Oの脳幹を刺激するハイテンションさから、MBVの狂気のノイズ垂れ流し20分間、The Cureの3時間近いパフォーマンス。

想像しただけで鼻血が出そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金曜日)

Super Furry Animalsの新作

Super Furry Animalsが2007年の"Hey Venus!"以来約2年ぶりのニューアルバムをリリースすることが決定しています。

デジタルフォーマットは3月16日にオフィシャルサイトで発売され、CDは4月13日 (アメリカでは4月21日)に発売予定。

サイドプロジェクトを経ての新作、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水曜日)

Spiritualized@心斎橋クラブクアトロ

「クアトロ来るの久しぶりだなあ」と思ったら、一昨年の11月以来でした。そんでもって、Spiritualizedのライブは去年のサマソニ以来、単独としては約4年ぶりくらいかな。

メンバー構成は多分サマソニと同じで、ジェイソンの他にはギター、ベース、キーボード、コーラス×2の6人。ただ、ハコが小さい分、音が固まりになって突き刺さって来る感覚が強く、サマソニよりも随分と骨太に感じました。ブラスの持つ独特の昂揚感がないのは残念ですが、そこはギターとコーラスが頑張ってカバーしてた感じ。

昔に比べると複雑な織り方がなされていた音の糸が解きほぐされ、狂気の部分が抑えられた気はしますが、メロディやコーラス、ギターのフレーズなど、単品で楽しめる要素が増加し、音楽的に薄っぺらになった感じはゼロ。

ジェイソン自体がライブを楽しんでいる印象も強く、"Ladies and Gentlemen〜"の最後に"Can't Help Falling Love with You"を重ねるところが完璧に決まると、少しほほえんで自ら拍手。何だか見ていて微笑ましかったです。

もちろん、一気にシフトチェンジを見せた"Come Together"やこれでもかという位にゴリゴリにノイズのインプロビゼーションを展開した"Take Me to The Other Side"も健在でしたが、ラストの"Oh Happy Day"が終わったときの何ともいえない多幸感も最高でした。

演奏中にも時折笑顔を浮かべ、アンコールが終わった後も、軽く笑いながら去っていったジェイソンも何か良かったな。

正式なライブレポートは週末に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日曜日)

iTunesのGenius機能

最近、あまり新譜を買っていないので、iPodではシャッフル、iTunesではパーティーシャッフルで聞くことが多いのですが、時々Geniusを使ってみるとニヤリとするようなプレイリストができて小躍りすることがあります。

1_2 これはDepeche Modeの"People Are People"でGeniusしたときのプレイリスト。時折、「ん?」という曲が選ばれているのはご愛敬として、痒いところやくすぐったいところに手の届いた選曲です。

最後にYazooの"Don't Go"で締めようとする空気を読み切ったあたり、あんたホントに天才だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土曜日)

チケットは取ったものの

昨日予約したColdplayDeath Cab for Cutieのチケットを近所のサンクスで発券してきました。

Coldplayは本当にソールドアウト間近だったようで、スタンド席の後ろから2番目でした。逆に、この場所だと心置きなく座って見られそうなので嬉しかったり。しかし、Coldplayがこんなに人気あるってのがちょっと不思議。"Viva La Vida"効果、それともスマスマ効果か?

Death Cab for Cutieの方は整理番号が444番。何かとっても不吉な番号なんですが…その辺に仕事のヤマがあるのは単なる偶然だと思いたい。

その前に今、目の前にある2つのヤマを越えなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U2のニューシングル

ニューアルバムからの先行シングル"Get on Your Boots"が解禁されました。

"Vertigo"を思い出させるような曲調ですが、オヤジっぽいギトギト感はちょっと控えめですね。地べたを這うように動き回るギターやベースはカッコイイけど、結構地味なところを持ってきたなという感じ。

さてさて、アルバムはどうなっているんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金曜日)

2月のライブ

今年一発目のライブは仕事でいっぱいいっぱいのためキャンセルになってしまいましたが、来週のSpiritualizedは何とか行けそうで一安心。おまけに、珍しく19時半スタートだから、定時まで働いてから行けば良いので、色んな意味で気楽です。

そして、2月の中旬に予定していたヨーロッパへの海外出張が急遽キャンセルになったので、15日のColdplayと16日のDeath Cab for Cutieのチケットを取りました。

Coldplayのライブはこれまでに3回見てますが、初めての単独公演なので楽しみです。去年のサマソニは疲れて途中で帰るハメになったので、今回は万全の体制のためにスタンド席をゲット。

そして、次の日はDeath Cab for Cutie。これまた去年のサマソニはThe Verveのために途中で抜けてしまったので、見られてラッキー。海外出張のキャンセルは残念だけど、この2つのライブを見られるからプラスマイナスゼロってところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日曜日)

Lost & Virtue / Keith

Viceandvirtue 前作でも何曲かを手がけたDan Careyをプロデューサに迎えた約2年ぶりの2ndアルバム。基本的な路線は前作同様に、やや冷たい温度感を持ったダンサンブルなロックで、その冷めた客観性の中でジワジワと沸き起こってくるグルーヴはマンチェスターっぽさが全開。

但し、残念ながらファイナルブローを磨き切れていないというのも前作と変わらず。確かに、個々の楽曲の中にはキラリと光る部分があり、細かい仕掛けを積み重ねていくメソッドは確実に彼らの印象をプラスに導いて行く気はするものの、一瞬で自分達の強みをアピールするだけの武器を未だに手にしていないというのは弱い。

メロディの良さでもアレンジの切れ味でも何でも良いので、もう一押しできる要素がなければ、「悪くはないんだけど…」という「Yes, But」の評価の境界を突き破るのは難しいかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水曜日)

Mogwaiのライブキャンセル(泣)

あ、Mogwaiはライブします。単に僕が見に行けなくなっただけです。

先週末から高熱が出て会社を休んでしまい、しかも仕事が溜まりっぱなしだったので、今年初っぱなのMogwaiのライブに行けなくなってしまいました。「今年は単独公演たくさん行くぞ」と意気込んでいたにもかかわらず、残念無念。

今までだったら絶対見に行ってましたが、体力を回復させる自信がないので自重。どっかでセットリストを拾ってきて、20時頃から疑似ライブ体験することにします。

風邪がはやっているようなので、遊びの計画がある方は特にご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土曜日)

Sound of 2009

BBCのサイトで年初恒例の評論家や放送関係者による今年の注目新人5組が発表されています。ちなみに去年のリストはこうなっていて、的中率は結構高いかなあという感じ。

では、今年のリストをリンク付きで。

  1. Little Boots (Official / MySpace)
  2. White Lies (Official / MySpace)
  3. Florence & the Machine (MySpace)
  4. Empire of the Sun (Official / MySpace)
  5. La Roux (Official / MySpace)

Little BootsEmpire of The SunLa Rouxと何だかエレポップが多くないか?その中ではファニーなボーカルとメロディラインがThe Sleepy Jacksonに似ているオーストラリアのEmpire of The Sunが好き。この人たちはアルバムがリリースされているようなので、気に入った方はチェックを。

White Liesは去年のフジロックに来てましたね。残念ながら見てませんが…ポケットをいっぱい持っていそうなFlorence & the Machineも面白そう。

今日は風が強くて外が寒そうだから、この辺を聞きまくって過ごそうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日曜日)

WilcoのライブDVD

Wilcoが2005年にリリースした"Kicking Television: Live in Chicago"に続くライブDVD"Ashes of American Flags"を2月か3月にリリースするようです。

DVDに収録されるのは2008年2月に行われたパフォーマンスで、2003年に開催された冬フェスMagic Rock Out以来、なかなか来日する気配がないだけに、ファンにとっては楽しみな一枚になりそうです。

なお、彼らは2007年の"Sky Blue Sky"に続くスタジオアルバムを今年の後半にリリースする予定とのことなので、こちらも楽しみです。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木曜日)

あけましておめでとうございます

毎年恒例ですが、今年のフジロックフェスティバルの日程が発表されています。

今年は、

  • 去年以上に楽しめるフェスティバルにする
  • チケットの値上げも値下げも行わない

だそうです。3日間になったサマソニとのブッキング争奪戦が熾烈を極めそうですが、どんなメンツが集まるのか、楽しみですね。

と言う訳で、今年もぼちぼちと更新していきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »