« Coldplay@ワールド記念ホール | トップページ | 音楽ニュース (Coldplay、Camera Obscura) »

2009年2月18日 (水曜日)

Death Cab for Cutie@BIG CAT

日曜日のColdplayに続いて、月曜日はDeath Cab for Cutieのライブ。こぢんまりとしたBIG CATのフロアは、前日のトゥーマッチ気味の演出だったColdplayに比べると物足りなさもある一方で、「ライブ」という感じがピッタリで、そわそわしたり、浮き足だったりすることもなく、妙に落ち着く。

満員で850人程度のキャパだから、後ろの方の余裕を考えると700人くらいの客入りというところか。そして、この日も前日ほどではないものの、比較的年齢層は高めで、普段よりもスーツ姿の男性が目立ったのが印象的。

そんな中、Death Cab for Cutieはデジタル的な色鮮やかさには欠けるものの、色鉛筆で描いたようなアナログ的な中間色の音世界を展開。少し遠慮したようなポップ感覚はCDよりもドラムスとベースが強めのサウンドによってライブ感が増していて、クールさに強靱さが加わった雰囲気。

そんな不思議な空気感の中、ロックテイストをストレートに押し出したデビューアルバム収録の"Pictures in an Exhibition"は新鮮。ライブ全体を通してなかなかノリづらい流れの中、ビシッと一本筋を通した感じ。

アンコールの最後は大好きな"Transatlanticism"。美しいメロディが雑踏の中に溶け出していくような寡黙なアレンジで仕上げた序盤から、様々な楽器が絡まり音の固まりになり、心をガクガク揺さぶる終盤まで、最高の時間が積み重ねられて行きました。

The Verveを見るためにサマソニは泣く泣く途中で抜け出し、今回の来日は海外出張で見れないと思っていただけに、不景気のあおりを受けた海外出張中止は残念だけど結果オーライ。ズッとオーディエンスを惹きつけるような強引さはないものの、こちらが耳を澄まして、音を聞いて歩み寄っていくインタラクティブな感覚がとても心地良い1時間半でした。

さて、来週はTravisだ!

Setlist

  1. The Employment Pages
  2. Your Heart Is An Empty Room
  3. The New Year
  4. Why You'd Want to Live Here
  5. Crooked Teeth
  6. No Sunlight
  7. Grapevine Fires
  8. Summer Skin
  9. Soul Meets Body
  10. I Will Follow You into The Dark
  11. I Will Possess Your Heart
  12. Cath...
  13. Pictures In An Exhibition
  14. Long Division
  15. The Sound of Settling
  16. Marching Bands of Manhattan

Encore

  1. Title Track
  2. Title And Registration
  3. A Movie Script Ending
  4. Transatlanticism

|

« Coldplay@ワールド記念ホール | トップページ | 音楽ニュース (Coldplay、Camera Obscura) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/44106290

この記事へのトラックバック一覧です: Death Cab for Cutie@BIG CAT:

« Coldplay@ワールド記念ホール | トップページ | 音楽ニュース (Coldplay、Camera Obscura) »