« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月24日 (火曜日)

Travis@Zepp Osaka

フジロックフェスティバルで2回、サマーソニックで1回見ているので、個人的にはそれ程久しぶりという感じはしませんが、2004年の来日公演がキャンセルになっているので、実に1999年の9月以来となる約9年ぶりの単独来日。

今日は、そんな溜まりに溜まったオーディエンスのTravisへの欲求が完璧にプラスに働いたライブ。客入りは超満員とは行かなかったものの、とにかくオーディエンスがTravisの音楽が好きっていう空気が充満していて、メンバーもそれを感じ取ってか、終始笑顔で演奏。それに呼応してオーディエンスも好レスポンスを返すという正のスパイラル。そんな良い雰囲気の中、"Closer"や"Turn"で起こった大合唱はFranも"Cool!"と言う大きさ。サビがシンプルってことはあるだろうけど、久々にあんなに大きな合唱を聴いた気がします。

音の方は、最初こそドラムが大きめでロック色の強さに「?」でしたが、次第に音がこなれてきて、中盤以降はメロウな曲もロックっぽい曲も互いに良い影響を与え合い始め、流れもシックリと。アンコールは多少メロウな曲が多い気もしますが、Franの"Sarah"からDougieがリードボーカルを取った"Ring Out The Bell"、名曲"My Eyes"と彼らの強みである良質のメロディはやっぱり魅力的。

セットも演出も驚くようなものはありませんが、Franは"Love Will Come Through"では「3拍子に合わせて身体を揺らしてね」とお願いしたり、"Falling Downではフロアに降りてきて歌ったり (「下がって、下がって」とか「シーッ」とか言ってました)、メンバーがステージ中央に集まってマイクをオフにして"Flowers in The Window"を歌ったり(指パッチンや遠慮気味に起こったコーラスも良い雰囲気でした)、2階席を含めて(もちろん、2階でパイプ椅子に座ったロイヤルファミリーも!)全員でジャンプしながら"Why Does It Alwasy Rain on Me?"を歌ったりと、暖かさに満たされた1時間45分でした。

ただ、帽子をかぶって、黒い服を着たFranは何だか「妖怪人間ベム」のベムっぽかったような気も…

セットリスト

  1. Chinese Blues
  2. J. Smith
  3. Selfish Jean
  4. Pipe Dreams
  5. Re-Offender
  6. As You Are
  7. Something Anything
  8. Long Way Down
  9. Love Will Come Through
  10. Closer
  11. Side
  12. Driftwood
  13. Falling Down
  14. Sing
  15. Writing To Reach You
  16. Indefinitely
  17. Song To Self
  18. Before You Were Young
  19. Turn

Encore

  1. Sarah
  2. Ring Out The Bell
  3. My Eyes
  4. Flowers in The Window
  5. Why Does It Always Rain on Me ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月曜日)

The Airborne Toxic Event / The Airborne Toxic Event

Theairbornetoxicevent カリフォルニア出身の5ピースバンドが2008年にリリースしたデビューアルバム。キャッチーなロックをベースに、カラッとしたストレートなサウンドからストリングスやキーボードを使った表情豊かなサウンドまで、幅広いカラフルな内容。

メロディライン自体は悪くはないものの、リードトラックの"Does This Mean You're Moving on?"や"Missy"では泥臭い部分を抑えたKings of Leonのように感じられ、"Papillon"や"Something New"なんかはThe Strokesっぽさを感じさせるなど、借りてきたアイデアが多過ぎる印象はマイナスポイント。

そして、「即効性の強さで本家と勝負できる!」と言い切れそうで言い切れそうにないところもチョッピリ微妙。予備知識なく夏フェスで出会った音楽としてなら楽しめそうだけど、CDで聴くなら影響を受けたであろうオリジナルの方を聴くかな。

あと、プロデュース次第でもう少し何とかなる気もするんだけど、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日曜日)

Depeche Mode新曲

4月にニューアルバム"Sounds of The Universe"をリリースするDepeche Modeのニューシングル"Wrong"が解禁されてます。

消されちゃうかも知れませんが、取りあえず。

ちょっと懐かしさを感じさせるピコピコサウンドと、微妙な半音を使ったメロディが個人的には良い感じ。さて、アルバムはどんなもんだろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから買う予定の新譜 (メジャーどころ)

備忘録を兼ねて、春頃にかけて買う予定の新譜をリストアップ。最近、色々と調べている時間がないので、取りあえずメジャーどころばっかりですが…

  • No Line on The Horizon / U2 (2/25)
  • Junior / Royksopp (3/18)
  • Yes / Pet Shop Boys (3/18)
  • Kingdom of Rust / Doves (4/6)
  • It's Blitz! / Yeah Yeah Yeahs (4/15)
  • Art Brut vs Satan / Art Brut (4/20)
  • Sounds of The Universe / Depeche Mode (4/22)

20年くらい前の高校時代から大好きだったバンドの新作が3枚も出るので楽しみです。あと、ハズレ作を出していないDovesの新作に期待です。RoyksoppDovesは夏頃には来そうですね。

この楽しみがあるから、辛い花粉症の季節も乗り越えられそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土曜日)

音楽ニュース (Coldplay、Camera Obscura)

音楽ニュースその1

グラスゴー出身のCamera Obscuraが2006年の名作"Let's Get out of This Country"以来となる4thアルバム"My Maudlin Carrer"を4月21日にリリースするようです。

フロントマンのTracyanne Campbellによれば、前作と比べると音がかなり変わっている模様ですが、MySpaceでタイトルトラックを聴いてみましたが、思いっきりCamera Obscuraの音でした…取りあえずアルバムを待とう。

原文はコチラ

音楽ニュースその2

Coldplayは9月に行われるスタジアムライブの参加者にライブアルバムを無料で配る計画をしているようです。どう実行するかは考え中のようです。

っていうか、どうせならダウンロードできるようにして欲しいよ。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水曜日)

Death Cab for Cutie@BIG CAT

日曜日のColdplayに続いて、月曜日はDeath Cab for Cutieのライブ。こぢんまりとしたBIG CATのフロアは、前日のトゥーマッチ気味の演出だったColdplayに比べると物足りなさもある一方で、「ライブ」という感じがピッタリで、そわそわしたり、浮き足だったりすることもなく、妙に落ち着く。

満員で850人程度のキャパだから、後ろの方の余裕を考えると700人くらいの客入りというところか。そして、この日も前日ほどではないものの、比較的年齢層は高めで、普段よりもスーツ姿の男性が目立ったのが印象的。

そんな中、Death Cab for Cutieはデジタル的な色鮮やかさには欠けるものの、色鉛筆で描いたようなアナログ的な中間色の音世界を展開。少し遠慮したようなポップ感覚はCDよりもドラムスとベースが強めのサウンドによってライブ感が増していて、クールさに強靱さが加わった雰囲気。

そんな不思議な空気感の中、ロックテイストをストレートに押し出したデビューアルバム収録の"Pictures in an Exhibition"は新鮮。ライブ全体を通してなかなかノリづらい流れの中、ビシッと一本筋を通した感じ。

アンコールの最後は大好きな"Transatlanticism"。美しいメロディが雑踏の中に溶け出していくような寡黙なアレンジで仕上げた序盤から、様々な楽器が絡まり音の固まりになり、心をガクガク揺さぶる終盤まで、最高の時間が積み重ねられて行きました。

The Verveを見るためにサマソニは泣く泣く途中で抜け出し、今回の来日は海外出張で見れないと思っていただけに、不景気のあおりを受けた海外出張中止は残念だけど結果オーライ。ズッとオーディエンスを惹きつけるような強引さはないものの、こちらが耳を澄まして、音を聞いて歩み寄っていくインタラクティブな感覚がとても心地良い1時間半でした。

さて、来週はTravisだ!

Setlist

  1. The Employment Pages
  2. Your Heart Is An Empty Room
  3. The New Year
  4. Why You'd Want to Live Here
  5. Crooked Teeth
  6. No Sunlight
  7. Grapevine Fires
  8. Summer Skin
  9. Soul Meets Body
  10. I Will Follow You into The Dark
  11. I Will Possess Your Heart
  12. Cath...
  13. Pictures In An Exhibition
  14. Long Division
  15. The Sound of Settling
  16. Marching Bands of Manhattan

Encore

  1. Title Track
  2. Title And Registration
  3. A Movie Script Ending
  4. Transatlanticism

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日曜日)

Coldplay@ワールド記念ホール

ソールドアウトも出たColdplayの来日公演へ行って来ました。まずは、スマスマに出たり、グラミー賞を取ったら、こんなに客層の幅が広がるのかという位に幅広い年齢層の人がいて驚き。21世紀になってから、自分の年齢よりも上の人たちがこんなにいるライブは初めてかも。

ライブはそんな幅広い層の人たちも充分に楽しめる内容で、オルタナティブな部分は控えめで、ポップな部分が強調。もうちょっと初期の頃の曲を聴きたかったけど、現状の空気を読むとこんなグレイテストヒッツ的選曲になるのは仕方がないところか。

全体を通して拍手は非常に大きかったものの、"Fix You"のラストのコーラスがほとんど聞こえなかったり、"Viva la Vida"の最後のコーラスが速攻で止んでしまったりと、トホホな出来事も。ただ、そんなことも、ステージを縦横無尽に駆け回るChris Martinを始めとするメンバーのサービス精神旺盛なパフォーマンスに救われた感じ。

そして、"美しい青きドナウ"の拍手でのオープニング、序盤の"Yellow"でのバルーン、"Lovers in Japan"での蛍光蝶々の乱舞など、ちょっと間違えるとヤバい演出も、ポップサイドに軸足を残したことで巧く機能。

2000年のサマーソニックでの初来日公演を至近距離で見たこともあって、アリーナクラスに成長した姿を目の当たりにして感慨深い時間でした。

セットリスト

  1. Life in Technicolor
  2. Violet Hill
  3. Clocks
  4. In My Place
  5. Yellow
  6. Cemeteries of London
  7. Chinese Sleep Chant
  8. 42
  9. Fix You
  10. Strawberry Swing
  11. Talk
  12. God Put A Smile upon Your Face
  13. The Hardest Part
  14. Postcards from Far Away
  15. Viva la Vida
  16. Lost
  17. Speed of Sound
  18. I'm A Believer
  19. <<Viva la Vida Remix>>
  20. Politik
  21. Lovers in Japan
  22. Death And All His Friends

Encore

  1. The Scientist
  2. Life in Technicolor II

黄色の光に満たされた"Yellow"
27950881_3254219314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Which Bitch ? / The View

Whichbitch 前作と同じくOwen Morrisプロデュースによる約2年ぶりの2ndアルバム。フックの効いたメロディに、様々なアイデアを導入して豊かな表情に仕上がったギターロックはスピード感はそのままに、芳醇さも増してきた印象。

前作のラスト"Typical Time"の別アレンジの"Typical Time 2"で始まる遊び心を見せた後は、キャッチーでロックンロール的なAメロと瞬間的に表情を変えるブリッジのコンビネーションが強烈な"5 Rebbeccas"とワクワクする立ち上がりの後は、ラップを取り込んだ"One Off Pretender"やビーンボールギリギリのアレンジを見せる"Distant Doubloon"など、イマジネーションが豊かな楽曲を連発。

但し、シンプルなメロディに主眼を置いて、自然発生的に幅広い仕上がりを見せた前作と比較すると、全体的にアイデア先行で直感性が弱く、折角の良いメロディを書ける能力が最大限に発揮されていないように感じられるのは残念。バンドとしてカバーする範囲を着実に拡げているものの、不必要な部分まで詳細に説明して、伝えたい本質が見えづらくなっているのも気になるところ。

面白いけど、ちょっとオーバープロデュース気味かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金曜日)

Yeah Yeah Yehasのニューアルバム

Yeah Yeah Yeahsが2006年の"Show Your Bones"以来となる約3年ぶりの3rdアルバム"It's Blitz!"を4月13日にリリースするようです。

プロデューサはこれまでと同じくDavid Sitekで、アルバムからの先行シングル"Zero"が4月6日にリリース予定。

夏にはあのハイテンションなライブを見せてくれそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木曜日)

Friday Night Lights / Attic Lights

Fridaynightlights グラスゴー出身の5ピースバンドのデビューアルバムはTeenage FanclubのドラマーであるFrancis MacDonaldプロデュースというのがハマリ過ぎ。終始ギターロック直系サウンドながら、メロディセンスに加えて10曲35分弱というコンパクトさもあり、飽きることもなし。

カラッとしたギターとザラついたボーカルでロック的要素を強めに出した"Never Get Sick of The Sea"、Teenage Fanclubのような甘くドリーミーな"Bring You Down"、初期のStereophonicsっぽさが良いアクセントになっている"Dark Eyes"、青っぽい疾走感を全編に押し出した"Wakie Talkie"など、ギターロックのフィールドを幅広くカバーする楽曲構築力は非常に強力。

「~っぽい」とか「~を彷彿とさせる」が多いのが多少気になるものの、捻り過ぎない正統派のギターロックに必要な要素がギッシリ詰まった良作です。次もその次も同じ路線でも、このメロディがあれば恐いものなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水曜日)

Pet Shop Boysのニューシングル

3月にニューアルバム"Yes"をリリースするPet Shop Boysがニューシングル"Love Etc."をリリースします。

確かに、ピコピコしたサウンドにNeil TenantのハイトーンボイスがPet Shop Boysサウンドになる訳ですが、個人的には最近復活した甘めのメロディ路線を期待していただけにちょっと微妙。

まあ、アルバムを聴いてみないと何とも言えないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月曜日)

Depeche Modeの新曲

4月にリリースされるDepeche Modeのニューアルバム"Sounds of The Universe"に収録予定の"Fragile Tension"の音がYouTubeにアップロードされていました。

独特の不安定さやシンセサイザーに絡むギターの音が絶妙。早く春にならないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日曜日)

Tonight / Franz Ferdinand

Tonight Keithの新作を手がけたDan Careyをプロデューサに迎えた約3年半ぶりの3rdアルバム。前作の明石家さんまのような全編躁状態のハイテンションさや高田純次のような人を食った感じは控えめで、直球的な派手さが抑えられた内容は大人になったイメージ。

臨界状態一歩手前で立ち止まる先行シングル"Ulysses"、太めのベース音を基調にしながら徐々に艶っぽさを得ていく"Turn It On"、シンプルなギターのフレーズとサビのユニゾンが「いかにも」な感じの"No You Girls"という序盤の流れは、メロディや曲の構成などは従来の仕様と大きく変わらないものの、どこか理性のリミッターが聴いた印象。

中盤以降は、かつてなくリズムへの拘りを見せた新境地っぽい部分を見せる曲が続くものの、個人的には序盤の軽めのポップスから固めのリズムを纏ったロック、そして多少強引にエレクトロへと分単位で表情を変えて行き、ライブでもハイライトに投入されるであろう"Lucid Dreams"がクライマックス。

勢いだけで押しまくるのではなく、焦らしつつ、押すときは一気に押しまくるテクニックを身に付けたAlex Kapranosは絶対ニヤニヤしてそう。そう考えると大人になったと言うよりも、さらにタチが悪くなった気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土曜日)

Dovesのニューシングル

4月6日に"Some Cities"以来となる約4年ぶりのニューアルバム"Kingdom of Rust"をリリースするDovesの先行シングル"Kingdom of Rust"がイギリスのラジオで流れ始めたようです。

ひと言で言えば、Dovesらしいなあというところ。曲自体は翳りがあって、決して明るくはないし、ちょっぴり湿っぽい部分が多いけれど、閉塞的ではなく、ところどころに散らされたキラキラしたシンセも良いです。

と思ってたら、オフィシャルサイトから上のとは違う新曲"Jetstream"もフリーダウンロードできるようです。こっちはキラキラ、チャカチャカしていて、身体が動き出す音に仕上がっています。

毎度、素晴らしい作品をリリースしてくるバンドだけに、新作も期待充分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木曜日)

夏フェス情報

まだ2月ですが、そろそろ夏フェスの情報が出始めてきました。

まずはフジロックフェスティバル。今年も早割あります。でも、きっと当たらないだろうなあ。

そして、イギリスのT in The Parkには再結成Blurヘッドライナーで登場するようです。T in The ParkにはKings of LeonSnow Patrolなどの名前も挙がっています。Blurはサマソニが連れてきそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水曜日)

グラスゴーなアルバム2枚

毎年、1月は新譜のリリースが少ないので、前年に買いそびれたアルバムを買うことが多い訳ですが、今年はそんなアルバムも少なく、The Magnetic FieldsThe Secret Machinesの2枚を買ったくらいでした。

そんな中、1月終わりギリギリでFranz FerdinandAttic Lightsのグラスゴー出身のバンドのアルバムをゲット。

3年ぶりのFranz Ferdinandはかつての悪ノリ度やイカガワシサが多少薄れ、所々に本気な部分がチラチラ見える力作。とはいえ、見てないところでアカンベーされてそうな気もしますが。キラーチューンという意味では弱いものの、個々の曲の幅が広がりつつ、一つ一つのパンチが重いといった感じ。

Attic Lightsはモロにグラスゴーのギターバンドサウンド。「コーラスがTeanage Fanclubっぽいなあ」と思っていたら、プロデューサがTeenage FanclubFrancis Macdonaldだったというオチ。アンマリと言えばアンマリな気もしますが、こういうメロディには弱いので許す。青っぽさ万歳。

あと、週末に書こうと思っていたSpiritualizedのライブレポは、色々と気持ちが折れることがあって書けなかったので、何とか次の週末までには書き上げます。今更待っている方もいないと思いますが、一応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火曜日)

Art Brutのニューアルバム

2007年に傑作アルバム"It's A Bit Complicated"をリリースしたArt Brutが4月20日にニューアルバム"Art Brut Vs Satan"をリリースすることが決定しています。

アルバムはPixesのFrank Blackと行われ、4月6日には先行シングル"Alcoholics Unanimous"もリリースされます。

4月にはツアーも決定していますが、さすがに来日ってのは厳しいか?こういうバンドこそ、フェスで呼んでもらいたいんだけどな。

原文はコチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »