« そりゃ似てるはず | トップページ | Super Furry Animalsの新曲 »

2009年3月14日 (土曜日)

Years of Refusal / Morrissey

Yearsofrefusal 再びJerry Finnをプロデューサに起用し、Jeff BeckRoger Joseph Manning Jr.らをゲストに迎えた約3年ぶり9thアルバム。同じくJerry Finnプロデュースだった2004年リリースの"You AreThe Quarry"は緩めの印象でしたが、今作はロックテイストの曲が増加。

ギターが掻き鳴らされた"Something Is Squeezing My Skull"などのストレートな楽曲から、微妙に安定感を欠くAメロから印象的なリフへ展開する"All You Need Is Me"などの歪んだポップ感を持つ楽曲など、カバーするエリアはそれ程広くないものの、飽きさせないだけのバリエーションを提供。

Tony Viscontiプロデュースの前作はサウンドプロダクションによるアグレッシブさが際立っていましたが、今作はギターとボーカルを中心としたエネルギッシュさが目立っています。その分、サウンド面に目新しさはないものの、楽曲はいずれも平均以上を維持。まだまだ老け込んではいないのも嬉しい。

|

« そりゃ似てるはず | トップページ | Super Furry Animalsの新曲 »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/44344070

この記事へのトラックバック一覧です: Years of Refusal / Morrissey:

« そりゃ似てるはず | トップページ | Super Furry Animalsの新曲 »