« Kingdom of Rust / Doves | トップページ | Junior / Royksopp »

2009年4月18日 (土曜日)

Yes / Pet Shop Boys

Yes 前作のTrevor Hornも意外でしたが、今作は更に意表を突いたBrian Higgins率いるXenomaniaをプロデュースに迎えた約3年ぶりの10thアルバム。但し、大きく作風がブレることはなく、ニュートラルなPet Shop Boysサウンドを展開。

エレクトロニクスを強めにフィーチャーし、やや冷めたタッチの先行シングルでリードトラックの"Love Etc."やチャイコフスキーの「くるみ割り人形 行進曲」を引用した"All Over The World"では「頑張りました感」が強めなものの、それ以降は基本的には十八番であるメランコリックなメロディをさり気ないシンセサイザーでアレンジする勝利の方程式を踏襲。

活動期間が20年を超えても、良い意味での脱力感とポップフィールドでオトシマエを付け続ける姿は見事。直接的なフォロワーも現れず、リスペクトの対象にもなっていない状況の中、Brit Awardsで特別功労賞を受賞したのも、何となく彼らのスタイルとマッチしていて良い感じ。

そして、平均年齢が50歳半ばの人たちが、これだけフットワークが軽く、古臭さを感じさせないポップミュージックを書いているってのも驚きです。

|

« Kingdom of Rust / Doves | トップページ | Junior / Royksopp »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/44711091

この記事へのトラックバック一覧です: Yes / Pet Shop Boys:

« Kingdom of Rust / Doves | トップページ | Junior / Royksopp »