« Museのニューアルバム | トップページ | Yours Truly, The Commuter »

2009年5月23日 (土曜日)

Now We Can See / The Thermals

Nowwecansee The Polyphonic Spreeらを手がけたJohn Congletonプロデュースによるポートランド出身の3ピースの4thアルバム。良質のメロディをガチャガチャしたアレンジで仕上げたギターロックは軽めからゴリ押し気味までの品揃えで、インディーロックの見本市のよう。

「ヒネリに執着しない」「疾走感に依存し過ぎない」などトゥーマッチ感を徹底的に抑えて、バランス感覚に優れた多彩な楽曲が含まれている一方で、突出した楽曲がないため、逆にアルバム全体としてフォーカスが甘い印象があります。

その結果、聴いているときにはスッと耳に馴染む優等生ぶりを発揮しているにもかかわらず、最後の曲が終わった後に「あれ、これで終わり?」という物足りなさも。前後半に1曲ずつでもキラーチューンがあれば完璧なのに、というのは過ぎた望みなのか?好きなタイプだけにもう一押し欲しい。

|

« Museのニューアルバム | トップページ | Yours Truly, The Commuter »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/45103633

この記事へのトラックバック一覧です: Now We Can See / The Thermals:

« Museのニューアルバム | トップページ | Yours Truly, The Commuter »