« 音楽ニュース (Editorsなど) | トップページ | Further Complications / Jarvis Cocker »

2009年6月 6日 (土曜日)

Primary Colours / The Horrors

Primarycolours PortisheadGeoff Barrowらを共同プロデューサに迎えた約2年ぶりの2ndアルバム。前作はガレージっぽい音というレビューを読んで「今さらガレージは…」ということでスルーしたんですが、今作は「化けた」という漏れ聞こえてくる声に興味を覚えて購入。

様々な音を複雑に絡ませて、本質部分を意図的に隠したり、輪郭をぼやけさせたようなサウンドは、「ジャケットのアートワークがピッタリの音だな」という第一印象。時折、Joy Divisionの影がチラチラすることもありますが、一時期シーンを席巻したお手軽なポストパンク~ニューウェーブの印象はなく、さらに初期のInterpolのようなスタイリッシュな面を強調しすぎることもないという独特の立ち位置。

アルバム全体を通して光量の調節が巧みで、非常に映像的な内容。多少陰鬱なボーカルが暗めのメロディを歌っても、作品全体がボンヤリと暖色系の明かりで照らされているような何とも言えない雰囲気。特に、「あっちの方」から聞こえてくる"Primary Colours"から初期のNew Orderのような甘めのデジタルサウンドを配した"Sea within A Sea"への流れがお気に入り。

|

« 音楽ニュース (Editorsなど) | トップページ | Further Complications / Jarvis Cocker »

ファーストインプレッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10619/45255935

この記事へのトラックバック一覧です: Primary Colours / The Horrors:

« 音楽ニュース (Editorsなど) | トップページ | Further Complications / Jarvis Cocker »